始めて子供が生まれたママならきっと共感してくれるかも♪

事故物件があるマンションは恐ろしい

これはお友達が中古マンションを購入した時の出来事です。

何とか中古マンションくらいなら買うことができる資金が貯まったということもあり物件探しをしていました。その際には不動産会社にも相談へ行って物件を紹介してもらうわけですが、なかなか良い物件を見つけることができませんでした。というよりも思ったよりも予算に厳しいところがあり資金的な面で手が出せないという状況だったのです。

しかしながらそれからも物件探しをしていると、不動産会社の方からある物件を紹介してもらうことができました。その物件は立地や築年数、間取り、設備などがとても良く、優良物件が見つかったと一瞬思ったのですが、そう思ったすぐ後に営業マンから、「実は・・・」ということで説明を受けました。その物件というのは人が亡くなった経歴のあるいわくつき物件だったのです。しかしながらこういった物件は意外と人気があると言いますし、きっと購入する方も現れてしまうと思いましたからすぐに内覧をさせてもらいました。

すると全くもって普通の物件であり、全然事故物件という雰囲気はありませんでした。そもそも自分自身には霊感というものはないと思っていましたし、心霊現象なども信じません。ですから良い物件が見つかって良かったと気軽に考えていたくらいであり、その後には早速購入のための手続きをしたのです。

物件を購入してからしばらくして引っ越しをすることになったのですが、急ぎでの引っ越しでもありましたので忙しく作業をしていました。その際には引っ越し業者に入ってもらいましたが、不思議な出来事が起こったりすることもなく、やはり事故物件といってもそんなに怖いものではないのだと考えていました。しかしながら今だからこそ分かりますが、事故物件は実際に住んでみないとその怖さが分からないことがあるのです。

引っ越しをした当日の夜には荷解き作業をせっせと行っていましたが、その際にはテレビを見ながらの作業でした。そして荷物を移動させようと一旦テレビのある部屋を出て、もう一回戻った時にテレビが勝手に消えていたのです。その瞬間、事故物件という考えが脳裏をよぎったものの、でもたまたまだろうと考えていました。それからは全然テレビが消えるようなこともありませんでしたから、余計にたまたまだったと思う気持ちになっていたのです。

しかしながらその出来事を皮切りに次々と不可解なことが起こりはじめました。まず引っ越しの当日にお風呂に入った時に電気がちかちかとして消えそうになったり、シャワーの出が突然悪くなる、そして特にひやっとしたのが誰かの視線を感じるようになったことです。幽霊など信じない自分でしたがさすがにちょっと怖くなってしまうところもあり、でもその日は疲れてしまってすぐに眠ってしまったのです。

目覚めも快適でしたし、ひょっとしたら金縛りにでも遭うかと思っていたもののそんなことも全くなかったです。前日のことなどすっかり忘れて新しい生活に向けて頑張ろうとベッドから出た瞬間に背筋が凍りました。というのも床に足を着いてふと下を見た際、自分の足首に人に思い切り握られたかのような手形がついていたのです。それを見た瞬間には一気に血の気が引きましたし、そしてキーンという耳鳴りも鳴り始めて冷や汗も止まらなかったです。

その後、しばらくは生活をしていましたが相変わらず電気や水の調子が悪いなどのトラブルが起こったり、時には誰かの視線を感じて冷や汗が出るなどの出来事が続きました。眠る時にもどうにも心が休まらない気がして調子を崩すようにもなったのですが、どうしても恐怖感が拭えずに引っ越しをすることを検討しています。

ちなみに足にできた手形は未だに薄らと残っており、近頃では足が重くなってきているようなので怖い話ですね。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。