始めて子供が生まれたママならきっと共感してくれるかも♪

ママにおすすめ!ミニ財布のブランド

幾つになっても、ママは女性ですから、オシャレな物を身につけたいと思うものです。ママが軽くて、片手でもサッと出せる財布に興味を持つ場合は、手頃で可愛らしく使いやすい、ミニ財布を検討することがおすすめです。

大人の女性に持ってほしいミニ財布ブランド

プラダ

プラダのミニ財布は、小さくても存在感がありますし、色の選択肢が豊富なので、好みに合う良い物を選びたいママに適しています。

特徴としては、小さな手でも使いやすいコンパクトサイズで、控え目ながらもブランドロゴがもれなく付く点にあります。

また、所有する喜びを与えますから、単なる道具や消耗品ではなく、趣味性を満たしてくれることも魅力的です。

色の種類は絶妙で、落ち着いた色合いながらも、可愛らしさと上品さが同居しています。

使う人の年齢を選びませんし、財布としての価格もお手頃ですから、幅広い層におすすめ出来る選択肢です。

価格帯は4万円からですが、決して手が届かない金額ではなく、むしろ希望や憧れが実現する、現実的な価格設定と考えられます。

FURLA

二つ目のおすすめは、FURLAのジッパー付きミニ財布で、お札から小銭、そしてカードまでもが全て収まります。

実用性を兼ね備える製品ですが、カラーはプラダのように選択肢があるものの、価格は約半額ととてもお手頃です。

ブランドの知名度であったり、信頼性は多少譲りますが、その点を踏まえても候補に加えるだけの魅力があります。

使い勝手と可愛いらしい点が印象的なので、二つの要素を両方手に入れたいママに、価格を含めておすすめになります。

テッドベーカーは、女性の可愛らしさを重視したデザインが特徴的で、価格は更にお手頃なミニ財布といえます。

ピンク色のボディは、色が薄めながらも可愛さが出されていますが、嫌味はなくて好印象な点が絶妙です。

このブランド特有の特徴は、大きなリボンを加えたデザインにあるので、リボン好きのママにこそおすすめします。

価格は1万円台なので、初めて選ぶミニ財布であったり、プライベート用としても最適です。

究極のミニ財布は、やはりトップクラスの知名度を持つブランドで、大人の女性であるママが欲しくなる物です。

プラダ

シャネル製品は、ミニの分類の中ではやや大き目ですが、手元にスッポリ収まるサイズと、隅々まで行き届いた細かな作りが魅力になります。

シンプルでも分かりやすいロゴは、最早説明不要で最大の特徴ですし、派手さを抑えつつ大人に適した存在感があります。

表面はキルティング加工済みで、見た目のイメージと、手に持った時に感じる質感が一致します。

期待を裏切らない完成度は、まさに大人向け一流ブランドの証拠ですから、誰もが一生に一度は憧れることがあるでしょう。

ブランドは費用対効果が絶大!

金額的に手が届かない、でも過去に憧れたことがある場合は、前向きに検討して購入を考えるだけの理由があります。

これまでのラインナップの中で、最も高額な価格帯の製品ですが、ブランド的な価値を考慮したり、作りを考えれば妥当な金額です。

正規に購入を行えば、ブランドの下で手厚いサポートが受けられますから、希望を叶えて愛用出来る安心感が得られます。
勿論、ブランド自体に興味や憧れがなければ、財布と見ても高く感じる可能性があります。

しかし、ロゴを隠して純粋に作りや素材感の確認を行えば、完成度の高さと品質に気が付けるはずです。

販売元でメンテナンスを受けたり、優しく扱う心構えを持てば、10年先も愛用出来る一品になり得ます。

ブランド製の財布は、名前やロゴが秘める価値が色あせないことも特徴なので、無名かつお手頃な物を選ぶより、真剣に選択を検討する余地があります。

長く使えることを考慮すると、金額的には安すぎる程ですから、ただ憧れだけでは終わらせず、手を伸ばせば希望を叶えることが可能です。

財布は、デザイン性 vs 実用性

財布の選び方としては、デザイン性を重視する方法と、実用性に比重を置いて検討するやり方があります。

デザイン性を求める時は、形状やシルエットで好みを絞り込み、色の選択肢が豊富であるかを踏まえ、後は予算に照らし合わせて検討します。

装飾や細部の作り、ロゴ等が選択基準になるので、それぞれに目を向けて、総合的に検討することがヒントになるでしょう。

実用性重視の場合は、ジッパーの開けやすさであったり、小銭の取り出しやすさ、カードの収納枚数が比較条件になります。

極限まで実用性を追求している製品は、外からの見た目以上に、密度の高い収納性を実現しています。

財布の購入を決めるコツは、普段のお買物時を想像して、出し入れや使いやすさがあるかイメージすることです。

小さな財布に共通するメリットは、ポケットやバッグ等、収納場所を選ばないことが利点です。

何処に入れても、邪魔に感じられることがありませんから、実用性と共にアクセサリー的な楽しみが味わえます。

色の鮮やかさを重視したり、上品さを優先するかで、色の種類が絞り込みやすくなるでしょう。

無難な色合いは一般的に、地味な印象を与えますが、ブランド力を備える製品は、作りやロゴのインパクトで魅力に変えています。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*