始めて子供が生まれたママならきっと共感してくれるかも♪

Amazonでデリバリープロバイダを回避する方法

商品の品ぞろえが大変豊富で、なんでも購入できると評判の大手通販サイトのAmazonですが、最近配送方法について不満をもらす口コミが増加傾向にあります。デリバリープロバイダの存在が主な原因です。

デリバリープロバイダの名称は、ヤマト運輸や日本郵便、佐川急便といった大手の配送業者ではなく、比較的マイナーな配送業者の総称として使われています。AmazonではデリバリープロバイダとしてファイズやTMGなどと契約を行っており、これらの業者が自宅に商品を届ける可能性があります。ちなみにファイズとTMGは連絡先が同じであることから、ほぼ同じ業者だと判断してもよいでしょう。

Amazonでは配送業者の指定ができませんので、どの業者が配達にやってくるか、利用者が事前に確認しにくい状態になっています。これがデリバリープロバイダによる配送を回避する妨げになっています。

このようなマイナーな配送業者が不評なのは、配送の質が悪いためです。ヤマト運輸や日本郵便、佐川急便などの大手の配送業者とは違い、時間通りに届けてくれない、再配達の依頼が行いにくいなどの欠点を持っています。

大手の配送業者であれば公式サイトをそれぞれ運営しており、そこで荷物の追跡番号を入力することで荷物の配送状態を確認したり、配送日時の変更などを容易に行えます。

ファイズやTMGなどの配送業者にあたってしまうと、公式サイトから再配達の依頼がしにくいため、電話で連絡するしか手段がなくなります。営業時間に縛られやすく、連絡の手段が限られてしまうのが不満の原因の一つです。
全ての例で質が悪いとは限らないものの、大手配送業者に比べるとリスクが高いため、回避できる手段があればできるだけその手段に頼りたいところです。

おすすめなのが、Amazonのお届け日時指定便を利用する方法です。有料のサービスになるものの、ファイズが該当する以外は、ヤマト運輸と日本郵便の2つの大手配送業者が担当しますので、質の悪い配送業者にあたる確率を下げるのに有効です。

もう一つの方法として、ヤマト運輸の営業所やコンビニでの店頭受取を利用するパターンがあります。ローソンやミニストップだと日本郵便が、ファミリーマートではヤマト運輸が担当するなど、大手配送業者のみが関わることから、予定通りに配送される可能性が高くなります。

しかし、この方法だと店頭に向かう手間がかかってしまいますので、それを不便に感じるのなら、お届け日時指定便を利用するのがよいといえます。また、店頭受取に対応できる条件が存在し、マーケットプレイスの出品者が発送するもの、定期おトク便やお届け日時指定便を利用した場合、30万円以上の商品を購入、大型の商品の配送時には店頭受取に対応していないため、注意が必要です。

お届け日時指定便を利用すると、1回の配送あたりで税込360円の費用がかかります。当日指定を利用すれば、514円です。やや費用が高く感じられるものの、質の悪い配送業者を回避できると考えれば、大した費用負担にはなりません。

頻繁にAmazonを利用する立場の人であれば、プライム会員になることで、お届け日時指定便を常に無料で利用することができます。プライム会員の年会費は3900円です。1年ごとに請求される仕組みになっています。

プライム会員になるとお届け日時指定便の他、お急ぎ便、当日お急ぎ便を指定した場合も手数料が無料になるため、年間の注文数によってはプライム会員になる方がお得になる可能性を秘めています。

デリバリープロバイダを費用を抑えながら極力回避するためにも、Amazonのプライム会員の制度を上手に活用しましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*