始めて子供が生まれたママならきっと共感してくれるかも♪

使いやすいミシンの選び方

使いやすいミシンの選び方としては、何を作りたいかなど目的と予算を明確にすることです。保育園・幼稚園に必要な子供の小物入れなどに刺繍を入れたい場合には刺繍機能がついているタイプが必要になりますし、デニムの裾上げなど厚みのあるものを縫いたい場合には厚地対応しているタイプを選ぶ必要があります。

1万円から2万円のミシンはおもちゃだという人もいますが、使う人の頻度や作ろうと思っているものによっては、2万円から3万円程度のものでも十分な機能を持っていることもあります。ミシンは、代理店が値段を自由に決めることができるため、店舗によって金額が異なります。1万円から2万円程度のものは、おもちゃのような機能しかないものもありますが、中には、新品でも旧機種になったことにより定額の半額程度まで下がっているものまであります。技術があれば、安くものであっても使いこなせることができる場合もあります。

また、縫えると縫いやすいは別物になるため、自分の使用頻度、目的、技術に合わせて使いやすいものを選ぶ必要があります。家庭用ミシンには、内部構造の違いから主にコンピュータータイプと電子タイプの2種類に分けられます。

コンピュータータイプは、現在の主流です。

コンピューターで縫い目やスピード、エラー表示などを制御することができるため、パネルやボタンを押すだけで簡単に設定することができ、誤った操作をした場合には、エラーメッセージで教えてくれます。初心者でも使いやすいです。コンピュータータイプは、自動糸霧機能や文字縫い機能、刺繍機能などの入園準備などにほしい機能が搭載されているタイプが多いです。ボタンや数字で入力して操作するため、機械駆動部品が少なく、故障が少ないメリットがあります。ただし、機能が多い分電子タイプに比べると比較的高価なタイプが多いです。

電子タイプの場合は、電子でスピードコントロールを制御することになります。

スピードに関係なくパワーが一定しています。そのため、低速であっても厚物を縫うことが可能です。模様の縫い目はダイヤルで回して設定します。家庭科の授業でも使われるタイプと同じなため、長年電子タイプに慣れてきた人や機能はシンプルで良い人に適しています。操作ボタンが少ない為、シンプルな操作が可能であり、コンピュータータイプに比べると比較的低価格で購入することが可能です。

ただし、コンピュータータイプのようにエラーメッセージがでたりなど、間違った操作を防ぐ機能はない為、初心者の場合は壊してしまう可能性があります。また、コンピュータータイプに比べると模様数が少ないことが多く、好みの幅を作れないことが多いです。

使用目的に合わせた選び方は失敗が少ないです。

趣味として洋服を縫いたい場合には、糸調整を自動で取ってくれたりとある程度使い勝手の良い実用タイプを選ぶほうが適しています。使い勝手が悪いものは使うのが嫌になってしまい使わなくなってしまいます。

初心者だからといって安いものを選んでしまうと糸が切れたりつったりと調子の悪い原因が分からずに使えなくなってしまうことがあります。そのため、最初に使いやすいものを選ぶようにすることで途中でやめずに続けられることが多いです。洋服の場合は、柄が欲しければ柄の入った生地を買えばよいため、刺繍機能は使わないことが多いです。

使用頻度に合わせた場合、使用頻度が低い人ほど高いものでなければ使いこなせないことがあります。使用頻度の高い人の場合は、ミシンに慣れているため、機能が多少制限されていたり、難しくなっていても使いこなすことができます。しかし、使い慣れていない人の場合は、最初の糸かけで躓いてしまうことがあります。

ミシン本体のチェックポイントとしては、押さえの厚さ調節機能です。この機能がない場合、厚物縫いは難しくなります。基本は普通の綿地の厚さに調整されています。そこにデニムなどの厚手の生地をはさむことで押さえが強すぎてしまい、布を後に送ることができなくなり送り歯が食い込み、生地に傷がつくことがあります。使用目的が小物中心であれば、それほど気になりませんが、洋服を作ることが目的の場合は、アームの広さもポイントです。洋服を作る場合、端っこだけを縫うのではなく、後中心にファスナー付けがあったり、エプロンにポケットをつけたりと、いろいろなところを縫うことになります。

コンパクトタイプは、アームの広さが狭い為、手の置くスペースが生地で隠れてしまい縫いにくくなります。最初から洋服を作ることを目的に使いやすいものを探している場合には、作業スペースの広さは必要条件になります。また、両手を自由に使うためには、フットコントローラー付きが便利です。小物を少し縫う程度であれば、タッチセンサーでも問題ありませんが、洋服などにゴムを縫い付けたりする際には、フットコントローラーがあれば、両手で引っ張りながら縫うこともできます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*