始めて子供が生まれたママならきっと共感してくれるかも♪

ストレートネックは、簡単なバスタオル首枕で解決!

最近は、パソコンやスマートホンを使う人が多くなってきています。そこで、心配なのが、原因不明の肩こりです。私の場合にも、何が原因で肩こりになっているのかということが、長い間わかりませんでした。当時は、毎日のようにフィットネス・クラブに通って運動をしていましたので、これだけ健康に良いことをやっているのに何故肩こりになるのだろうかと、ずっと疑問に思っていました。原因としては、歯のかみ合わせが悪いとか、そういう理由も考えられるでしょう。

でも、結局のところ、会社でずっとパソコンを使って仕事をしていたというのが、肩こりの最大の原因であったのではないかと考えられます。

つまり、長時間のパソコン使用によって、ストレートネックになっていたのです。ストレートネックとは、英語のStraight Neckから来ており、首がまっすぐになってしまう症状のことです。

まっすぐになるというのは、日本語の語感として良い印象がありますが、この場合は良くない症状なのです。何故かといいますと、首というものは湾曲しているのが自然な状態だからです。それでは、ストレートネックを治すには、どのようにしたら良いのでしょうか。パソコンやスマートホンの使用を制限するという方法もあります。

確かに、これらの電子機器を使用し過ぎるのは、首の健康によくないと言えますから、使用を制限できるのであれば制限すべきです。でも、もっと良い方法は、寝る時の枕をもっと自分の首にフィットしたものに換えることです。

普通の枕の場合には、人間の首が湾曲しているものだという事実が考慮されていないわけです。ですから、最近は首に巻きつける方式のU字型の首枕などが販売されていますから、このような首枕を寝る時に使用することにより、ストレートネックから首の自然な湾曲を回復することができる訳です。でも、そのためにわざわざU字型の首枕を飼わなければならないのかと、面倒に思われる方もおられることでしょう。

そういう方には、ご自分で簡単なバスタオル首枕を作ってみることをお勧めします。

ご自分で、バスタオルをくるくると巻いて、自身の首の形にあったピローを作ってみるのです。このようにすれば、市販のピローではどうも良く合わないという方でも、ご自分の首にあわせたピローを作ることができるわけです。肩こりと言いますと、文字通り肩の病気だと思いがちですが、その原因をつきとめてみますと、実は首に根本の原因があるということが多いのではないでしょうか。

なぜかと言いますと、人間は発達した非常に重たい頭を、細い首で支えなければならないからなのです。そして、人間の首は自然な姿勢でいる場合には、湾曲をしているわけなのですが、パソコンやスマートホンなどを操作する時には前傾姿勢となり、こうなると首の自然な湾曲がなくなって、Straight Neckとなってしまうわけなのです。この首が前傾した姿勢では、重たい頭を支えるのに非常な負荷がかかってしまい、それが原因で首が痛くなったり肩こりになったりするということです。

最近は、Pokemon Goなどというスマートホンのゲームが大ブームとなっていますから、歩きながら前傾姿勢でスマートホンを使用する人が増えてきているようです。ですから、ストレートネックになる人がまた増えてくるのではないかと懸念されるわけです。もっとも、自分がストレートネックになっているのではないかと気がつくのは、数年後あるいは数十年後のことになるかもしれません。

そのようなことになるのを防止するためにも、バスタオルを首に巻いて自分の首の形にあわせたピローを作るという習慣を身につけるのは有意義だと言えるのではないでしょうか。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*