始めて子供が生まれたママならきっと共感してくれるかも♪

光目覚まし時計Intiがすごかった

朝の目覚めが良くないと1日のスタートが気持ち良く切れませんよね。でも昔から朝は弱く、いつもスッキリしない状態でモヤモヤしながら何とか起きるというのが常でした。たまに気分良く起きることができる場合もあったものの、1週間に1回あるかないかくらいのものでしたから、どうやったら気持ち良く目覚めることができるのかとちょっとした悩みに。

なおいつもどうやって起きているのかと言えば、スマートフォンのアラーム機能をセットして目覚ましにしていました。また、1回のアラームでは起きることは殆どないので、3段階に時間を変えてセットしています。2回目か3回目くらいのアラームでようやく気付き、そこから何とか2度寝しないように無理矢理に起きるという感じでした。

そんな感じでいつも目覚めていたわけですが、そうしたぱっとしない朝の目覚めを劇的に変えてくれたものと出会えた時には嬉しかったです。それが光目覚ましのintiであり、朝の目覚めに改革を起こしてくれたのです。

ただ最初はこんな目覚まし時計で起きることができるのか半信半疑だったのが本当の気持ちでした。今まではずっとアラームの音で何とか起きていた状態でしたから光なんかで大丈夫なのかと思っていましたし、光を発せられてもそもそも気付かない可能性があるかもしれないと心配でした。そしてこの目覚まし時計は結構良い値段がしますし、もし全然役立たなかったら大きな損です。

ですから初めて使用する時には役立って欲しいという一心でしたね。しかしながら実際にintiを使ってみると期待以上に役立ってくれるアイテムだったのです。

一番最初に試してみたのは、ある日曜日の朝です。やはりどこか頼りない気持がありましたし、もし仕事のある日に起きることができなかったら大変です。ですから試験的にまずは休みの日に使用してみることに。

「本当に起きられるのかな?」と心配をしながら眠りについたわけですが、次に目が覚めた時にはすこぶる快適な目覚めでびっくり。無理矢理に目が覚めたという感じではなく、起きるべくして起きることができたような感覚がありました。いつもなら目もなかなか開けることができないくらいに辛い朝だったりするのですが、intiのお陰なのかぱっと気持ち良く目覚めた時には驚きました。

ただ、最初は本当に光の力で目が覚めることができたのか信じられませんでした。そもそも光という光はあまり感じていなかったです。設置場所はベッドの棚部分で光を顔の方に向けて置いておきましたが、光に気付いて起きたという感覚はありませんでした。ですからもしかしたらたまたま自然に起きたのかなとも思っていたのです。

結局、最初に試してみた時には役立った気がするものの、でも本当に意味があったのかよく分からない状態でもありましたから、とりあえず翌日からも使ってみようということに。しかし仕事のある日に光目覚ましだけですと心配でもありましたので、一応スマートフォンでもアラームをセットして就寝。

しかしながら翌日の目覚めの時には確実にintiの力を実感することができました。スマートフォンのアラームよりも早めにセットして就寝をしたのですが、見事に光目覚ましの力で先に起きることができた時には凄いと感じられました。お陰でアラームが鳴る前にストップができましたし、光の力で本当に起きることができるのだなと感心でしたね。

そして目覚めの質に関してもやはり良いのです。アラームの音で強制的に起こされた時と違い、光目覚ましの場合ですと脳がきちんと起きている感じがあります。ですからいつものように頭がモヤモヤしてしまうことがなく、すぐに活動的になれる心境でした。

ただ、どうしてもintiだけに頼るのは不安にも感じていましたね。もしかしたら起きることができないこともあるかもしれないと思っていましたし、布団の中に潜っていたりしたら光を浴びることができないです。ですからスマートフォンのアラームも同時にセットするのがいつもの習慣になっていました。

しかしながら無理に光目覚ましだけに頼る必要もないのかなとも感じています。光の力で目覚められたらそれはそれで良いですし、もしもの時の保険としてスマートフォンも鳴るようにしておけば安心です。でもintiを使うようになってから感じているのが、意外にちゃんと起きることができていること。一応はスマートフォンのアラームもセットしているものの、大抵の場合は光で目覚めて先にアラームを止めるという毎日でしたから、きちんと役立ってくれています。

光目覚ましは思った以上に使えるアイテムだったのですが、実は朝の目覚めが良くなったこと以外にも変化がありました。それは日中に眠くなってしまうことが大分減ったことです。以前は日中に眠くなってしまって困ることもありましたが、それがめっきり減ったのです。これはきっと朝の目覚めが良くなったからだと思いますし、お陰で仕事に対しての集中力もアップしたのは予想外のメリットでした。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*