始めて子供が生まれたママならきっと共感してくれるかも♪

妊娠中に不倫されたこと

私たちはアラフォーでの再婚夫婦でした。年齢のこともありますのでじっくり話し合い、お互い子供が欲しいということで意見が一致しました。それならば少しでも早くということで今で言う妊活をしまして、数ヶ月ほどで幸運にも新しい命を授かったのですが・・・。

妊娠の報告を主人にしたところ、なんだか歯切れの悪い返事です。

嫌そうな感じではないんですが、なんとなくバツが悪そうな感じでした。まだこの時は新婚ですし態度が変だなぁとは思う程度で、それ以上の詮索も疑いもしなかったのですが。

そして次の検診時に赤ちゃんの成長が止まっていると言われてしまい、ショックで落ち込んでいました。2週間後に再度検診に行き、成長がみられないようなら今回は諦めて下さいとのことで。

誰が悪いわけでもないですし仕方ないことだと頭ではわかっていても、やはり心がそれに追いつけなくて・・・。

そんな時も主人はどこ吹く風でした。気遣ってくれることもなく、落ち込んでいる様子もなく、いつもとなんら変わりない状態に不信感が募り、

「子供、ほしくなかったの?」

と尋ねました。

そこで返ってきた言葉が、

正直、家族全員を自分一人で養う自信がない。責任が重すぎるのが耐え難い。若い頃に面白半分で不妊症かどうかの検査を受けたことがあり、その結果が非常にできにくい体質だったので、子供を作ることに同意してもどうせできないだろうと思っていた。まさか妊娠するとは思っていなかった。

こんな無責任な言葉を聞くだなんて夢にも思っていなかったので、少し感情的になってしまい、主人と言い争いになりました。

主人は私と喧嘩になるといつもプイッと外に出て行ってしまいます。早ければ数時間、遅くても次の日には帰ってくるので、この時も頭を冷やしに行ったんだろうと思っていたんですが・・・。

翌日帰ってくるなり離婚離婚と怒鳴られました。こんな生活はうんざりだと。俺にはもっといい女がいると。

この時まだ新婚半年でしたが、どうやら私と入籍した直後から浮気していたようです。お相手は私より年上でしたが主人のいいなりになる人のようで、主人にとっては自分の思い通りに動かない妻よりも、なんでも言うことを聞く浮気相手の方に入れ込んでいたみたいでした。

この時点で主人に対する愛情はスッと消え去り、当然主人有責で離婚する方向で話し合いを始めました。

ところがこちらが離婚に向けて動き出すと途端に態度を変えて引き留めてきます。

「そんなつもりじゃなかった。」

「大切なのはお前だけだ。」

「もう二度としない、幸せにする。」

そんなの信じられるわけありませんよね(笑)

残念ながらこのゴタゴタの間にお腹の子は天に旅立ってしまったので、なんの迷いもなく離婚に向かって突き進み、入籍後、わずか7ヶ月でスピード離婚となりました。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*