始めて子供が生まれたママならきっと共感してくれるかも♪

女の子が欲しかった

現在、第二子を妊娠中です。

やはり、女性ですから、同性の子供が欲しいと思うものです。
第一子の時からずっと女の子が欲しかったのですが、第一子は男の子でした。
もちろん、健康であれば、どちらでも良いのですが、1人目が男の子だったから、次は女の子がいい、そして、今も息子に対してメロメロな旦那なのに、女の子が生まれたら余計にメロメロになるだろうと思って、私の中だけで産み分けを実践してみようと思うようになりました。

しかし、産み分け方法なんて知りませんからどうしようかなと考えた所、良い物を見つけました。
それは、排卵日をチェックするサイトです。
生理の日がバラバラなので、排卵日もバラバラです。それをチェックするためにサイトを利用していたのですが、そこに男女産み分けという欄がありました。
それを見ながら男女産み分け法を実践しました。

その方法は、男女産み分けをするために、この日に仲良くするべきだという日にちが書かれているのですが、その日に行為をするだけという方法です。
私は女の子が欲しかったので、女の子が生まれるであろうとされる日に行為をし、その2日後には男の子が生まれるであろうとされる行為の日が設定されています。
本来ならば、排卵日前後の期間には2日に1度行為をすると良いとされています。それは、精子の生存時間が48時間とされているためです。

ですが、それをしてしまうと、もしかしたら男の子が生まれるかもしれないと思い、その日は行為を避け、女の子が生まれるであろう日と、その翌日は連続して行為をするようにしました。
そして、男の子が生まれそうな日を飛ばし、改めてその翌日に改めて行為をするようにしてみました。
結果、妊娠6ヶ月の時点で、ハッキリと女の子だということがわかりました。

このことから、男女産み分けアプリなどが今は数多くありますから、そういう物を利用して、さらに異なる方法を利用してみると、希望の性別のお子さんが生まれるかもしれません。また、それだけではなく、妊娠しやすいように、私もやっていますが、日頃から食生活を考えることと、運動を毎日ある程度やるということをするようにすると、もしかすると男女産み分けもより上手くいくかもしれません。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*