始めて子供が生まれたママならきっと共感してくれるかも♪

肌質、髪質の変化で戸惑った、乾燥の冬

妊娠をしてから体調の変化で一番戸惑ったのは、肌と髪の乾燥です。

妊娠前は、どちらかといえばオイリー肌でテカリを抑えたりするのに苦労していた方ですが、妊娠中は秋口に入ると既に乾燥がひどかったです。顔だけでなく、腕や足、お腹などほぼ全身粉を吹く程で、保湿しても追いつかないくらいかゆみもありました。
妊娠すると乾燥がひどくなると聞いてはいたので、かなり気をつけて保湿していましてが想像以上で困りました。
お風呂上がりにオイルでマッサージていましたが、冬場だと寒さもあるのでつらかったです。

また、肌だけでなく髪や地肌の乾燥と髪質の変化がありました。

オイルトリートメントや、朝もオイルをつけたりと対策をとり、地肌の乾燥もひどかったのでマッサージもしました。髪質の変化は、ストレートだった髪が、パーマをかけたようにうねりはじめました。これは妊娠中後期にはじまって、産後しばらく経つともとのストレートに戻りました。困るというほどではありませんが、戸惑い扱いにくく感じました。

もう一つ困ったのは、体調というか情緒不安定になったことです。

女性ホルモンの関係のようですが、ちょっとしたことでイライラしたり、旦那の帰りが遅いだけで不安になったり、悲しくなったりと、精神的に不安定な時期がありました。旦那にも八つ当たりしてしまうことがあり、あとで申し訳なかったなと自己嫌悪することもありました。

私の場合は、妊娠初期から中期くらいまでで、お腹がまだ大きくなる前、胎動を感じる頃がピークでした。

妊娠していると分かっているのに、目に見えて変化がないことに戸惑っていたのかなと思います。お腹が膨らんできて、ちゃんと赤ちゃんがいると見えるようになってからは、不安もなくなって穏やかでいられるようになりました。私な、つわりや大きなトラブルもなく、妊娠後期まで仕事をするほど体調は良い方だったと思います。それでも上記のような変化や、疲れやすくなる、夜熟睡出来ない、腰の痛みなど小さな不調は毎日の小さなストレスになりました。

自分一人でなく、赤ちゃんを育てている大事な身体なので、小さな変化でも旦那さんに相談したり、一人で抱え込まないようにした方が、ストレスなく過ごせるのではないかと感じました。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*