始めて子供が生まれたママならきっと共感してくれるかも♪

便秘、むくみ、頻尿がありました

妊娠中の体調の変化はいろいろとありましたが、主には以下の3つがありました。

1つは便秘です。もともと妊娠前から便秘気味ではあったのですが、妊娠してからさらにひどくなりました。特に妊娠中期頃がひどく、出ないときは一週間出なかったりしたこともありました。

検診でお医者さんに、これではお腹の中の赤ちゃんに悪影響だと言われて、酸化マグネシウムなどの薬を処方してもらいました。飲み始めたところ少し改善していきましたが、薬に頼ってしまうのは怖かったので、食生活を見直して食物繊維が豊富な食べ物を積極的に取り入れたり、安定期に入ってからはウォーキングなどの軽い運動を始めました。おやつも甘いものが大好きで、特につわりの時期は偏食になってますます好きになってしまい困ったのですが、つわりが落ち着いてからは、サツマイモなどの身体にいいおやつにして、とにかく身体の中に溜め込まないように頑張りました。

役だった記事:つらい妊娠中の便秘…困ったときにはオリゴ糖!

2つ目はむくみです。妊娠前は全く無縁だったのですが、夜寝るときに足が重たく感じ、月日が経つにつれてどんどん症状が進んでいきました。

妊娠後期の頃には足がパンパンになって靴がキツくなるほどで、寝る前には着圧ソックスを履いて寝ないと翌朝つらいほどでした。水分を取ったほうがいいのか控えたほうがいいのか、非常に悩ましかったです。また、塩分を多めに摂取するとすぐに浮腫んでしまうので、日頃の食生活にもかなり気をつけていました。外食やコンビニ弁当などは食べた翌日にすぐに浮腫んでしまい、浮腫のせいで体重も増えてしまうので、我慢しなければならないのが辛かったです。大好きなラーメンもしばらくはお預けでした。

3つ目は頻尿です。これもまた、妊娠前には無縁だったこともあり、とにかくすぐトイレに行きたくなる症状に、なんでこんなにも行きたくなるなるんだろう?となかなか慣れることができませんでした。

夜中に目が覚めてしまうこともあり、なかなか熟睡できないこともあって辛かったです。ある時我慢をしすぎてしまっていたら膀胱炎になり、さらにつらい症状に悩まされました。普段の生活では、利尿作用のある緑茶やコーヒーなどは控えるようにし、寝る前はなるべく水分を取らないようにするなど工夫して過ごしました。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*