始めて子供が生まれたママならきっと共感してくれるかも♪

ヤマハのPAS Kiss mini 20型〈PA20K〉オリーブを購入したよ

送迎の時短と体力温存?のために、電動タイプの自転車ヤマハのPAS Kiss mini 20型〈PA20K〉オリーブをを購入しましたのでご紹介したいと思います。

電動タイプの子供乗せ自転車を選ぶ時のチェックポイント

電動タイプの子乗せ自転車は、いろいろなメーカーから販売されてますが、実際に試乗して乗り心地を確認してから決めたかったので、近所のサイクルショップで取り扱っている「ヤマハ」「ブリジストン」「パナソニック」の3社から検討しました。デザインや色へのこだわりや、バッテリー容量の違いはそれほど感じなかったので、私は乗り心地を優先しました。

電動タイプの子供乗せ自転車を購入前に不安を感じていたこと

初め電動自転車は「重い」と聞いていたので、小柄な体型の私でもバランスを崩さずに乗れるのか?が心配でした。特に乗せている子供はどんどん成長と共に体重が増えていくので、後ろ乗せに切り替えた後は、何歳くらいまで乗せられるのか?不安でした。また頻繁に利用する予定だったので、バッテリーの充電はどれくらい必要なのか?も不安でした。

ワタシがヤマハのPAS Kiss miniにした決め手

ヤマハのPAS Kiss mini 20型〈PA20K〉オリーブ」を選んだ決め手は実際に試乗した際、すいすい安定して乗れたこと、また自転車の重量が重くても漕ぎ出しが楽だったことにより、選びました。また私自身小柄(身長156cm)で、子供の乗せ降ろしのことを考えて、20型にしました。なお色は「オリーブ」ですが、夫が乗っても恥ずかしくないよう家族で兼用できる色にしました。

日々、PAS Kiss miniを乗ってみて思うのは・・・

PAS Kiss mini 20型〈PA20K〉を乗って思うことは、毎日いろいろな場所へ出かけても本当に便利なことですね。

現在は幼稚園の送迎にも使っています。また結構な勾配の坂でも、すいすい登ることができて、とても助かっています。ちなみに登り坂の場合は充電減りが早いですが、今のところ週に1回充電するかしないか?といった感じです。なお平地の場合に限りますが、充電が少なくなって心配な場合は、漕ぎ出しのみ「電源ON」にして、通常は「電源OFF」にしても、すいすい進むことができました。(自転車自体が重いはずなのに不思議でした)

PAS Kiss miniの困った点

スタンドがサビやすいようで、駐輪場のコンクリートにサビがうつってしまっています。他の同車種の自転車も同様なので、私の自転車だけではないようです。こちらさびにくい素材にするなど改善してほしいです。また前カゴ後カゴ併用のもの(ブリジストン)を使っているのですが、PAS Kiss mini専用のカバーが販売されていないので、こちら是非開発してほしいです。

また後ろ乗せ椅子の足もとがプラスチックで割れやすく、子供が蹴ったり力を入れたら割れてしまいそうです。こちらももう少し壊れにくい素材にしていただけたらなと思うこの頃です。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*