始めて子供が生まれたママならきっと共感してくれるかも♪

2階の暑さ対策は?

2階はどうしても屋根や壁に昼間日光が当たり、熱がこもりがちです。外出して帰ってくると部屋がサウナのようになって暑いことも少なくありません。特に西日は強力ですので、なるべく避けたいものです。まず、日差しを家に入れない対策をしましょう。

昼間出かける時は必ず遮光カーテンを閉めて部屋に日差しが入らないようにします。ですが、室内の対策よりもより効果的なのが室外側の対策です。賃貸であっても、後付けの遮光パネルやスクリーンを置くだけで随分と熱が違ってきます。それでも2階の暑さは強力です。

暑さ対策には風通しと除湿が大切です。

まず帰ってきたら全ての窓を開けましょう。暑い部屋でエアコンをいきなり使っても、暑さを冷やすのに時間がかかり効率が悪く、なかなか涼しくならず電気代もかかってしまいます。部屋にこもった暑い空気を先に外へ追い出すのが効果的です。その時に扇風機を天井に向けて強でかけてください。

熱い空気は上にたまりやすくなっているのでおそらく天井付近はだいぶ熱くなっているはずです。天井付近の空気をかくはんして空気の循環を良くします。窓は対角線にあれば風通しが良くなります。構造的に窓が一つしかない部屋でも、ドアを開けておくだけでだいぶ違います。風の通り道に家具や仕切り、カーテンなどがある場合は少しずらすだけでも随分と違ってきます。換気扇も利用しましょう。

窓のないところでも空気の流れを作ってくれます。

もし、1階があるのであれば、1階の窓も全部開けてください。下から扇風機であおいで暑い空気を押し出してもらいましょう。風を取り入れたい窓を大きくあけ風を出したい窓を細めに開けると勢いができ、より早く暑い空気が外へ出て行きます。もしも、無風の場合は同じくすべての窓を開け、一つの小さめな窓から外に向け扇風機を強でかけてください。

外に出て行く空気の替わりに外から空気が入ってきますので風が起きます。このようにとにかく熱くなった空気を外に出すのが大切です。これだけでエアコンがいらない日もあるかもしれません。その時に効果的なのは凍らせたペットボトルです。熱せられた空気が出て行ったら、扇風機や風の通り道にバスタオルを置き、凍らせたペットボトルをおくと空気が冷やされ、風が涼しくなります。

やっぱりエアコンが必要だなと思う日ももちろん多くあります。その時はまず、冷房をかける前に除湿をしてください。気温が30度あっても湿度が40パーセントや50パーセントの時はそれほど不快には感じないはずです。除湿をして部屋の湿度を追い出してから冷房を入れると涼しくなるのも早く、効果的に快適な温度を得られます。

また部屋のインテリアにも工夫してみましょう。オレンジや赤など暖色のものは冬場は良いですが、夏場は暑苦しく感じます。カーテンやクッションバスタオルなど、目に入るものを青系統の色で統一すると涼し気で気分も良くなります。日本古来からの知恵、風鈴なども乙なものです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*