始めて子供が生まれたママならきっと共感してくれるかも♪

私の身体に起こった産後の変化と悩みについて

私は30代後半の主婦です。我が家には2人の子どもがいますが、20代の後半に一人目の子供を出産しました。その直後私に起こった不調のお話をしたいと思います。

長い妊娠期間を経て、やっと出産という時のこと。陣痛に苦しむ私の一番辛かったのはおなかの痛みというよりもむしろ腰の痛みでした。それまであまり腰痛というものを経験したことの無かった私ですが、その時の痛みはまるで、腰の骨が砕けてしまうかような、痛みのせいで身体がどうにかなってしまうかのような不安に襲われたほどの痛みでした。腰痛に悩まされながらもなんとか出産したのですが、その直後から私はひどい腰痛に悩まされることとなったのです。

この腰痛、最初は陣痛と出産からくる一時的なものかと思っていましたが、その痛みは出産後も相変わらず続いていました。里帰り出産でしたので産後の1ヶ月はのんびりと過ごしたこともあって”そのうち治るだろう”と安易に考えていたのですが、産後2ヶ月目に実家から家に戻ってからが地獄でしたね。主人は仕事が忙しいために私一人で育児をこなさなくてはならない日々。そんな私の身体にはいつも腰痛の悩みがありましたが、腰の痛みを我慢しながら一生懸命慣れない育児に励みました。そんな無理がたたったせいか産後3ヶ月を過ぎたくらいからとうとうまともに立っていることもできないほど腰痛が悪化してしまったのです。

近くに住んでいた義母に無理を言って子供を見ていてもらい、その間に近くの整骨院というところの門を初めて叩きました。診断結果は腰を駆使し続けたために起こっている慢性の腰痛だそうで、これを治すためにはしばらくの間絶対安静といわれてしまいました。育児で忙しい私にそんなことをしている時間は結局なく、その後も日常コルセットとシップを使いながらの生活。週2日の頻度で義母に子供を見ていてもらい、整骨院でマッサージを受ける日々を3ヶ月ほど過ごしました。

マッサージの効果が少しずつ現れたせいか、生後半年を過ぎる頃には病状は大分よくなって、腰に負担を掛けなければ普段どおりの生活が送れるようになりました。とはいっても今でもちょっと無理をするとすぐ腰にきてしまう私。お産の時から変わってしまった身体と上手く付き合わなくては・・・と思って生活する毎日です。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*