始めて子供が生まれたママならきっと共感してくれるかも♪

睡眠がとれず医療保護入院

現在、三人の子育てをしています。そのうち、第三子の出産は悲しい思い出ばかりです。上二人は、里帰り出産で、対応も良かったのですが、第三子は、上の子の小学校の通学もあって、里帰りができす、病院を変えることになりました。その産婦人科とは相性が悪く、病院の時間的な都合によって、無理やりの出産を経験しました。陣痛で、苦しんでいる私に、「母親として失格」などの暴言を吐かれていました。あまりのショックに声もでなくなり、泣きながら出産をしました。赤ちゃんは元気だったので一先ず安心しましたが、その後、私の体調は、出産中の出来事がフラッシュバックするようになり、一睡もできなくなってしまいました。眠れないけれど、三時間おきの授乳は続く…。おむつも寝ぐずりも、上の子のお世話も、全てが降りかかってきました。実家の協力は得られなかったので、家事もこなさなければなりませんでした。産後一か月ほどで、母乳の出が悪くなり、ミルクとの混合のストレスを解消するためにも、ミルクのみに切り替えたことも、子どもに対して申し訳ない気持ちでいっぱいでした。
 
睡眠がとれないのはずっと続いており、頭が混乱を起こし始めました。「自分には超能力がある」と言い出したり、「人が自殺した」と大喜びしたり…。「死ね死ね死ね」と、変な声が聞こえたりしていました。主人を真夜中に起こし、大喧嘩になったこともあります。お互いヘトヘトでした。育児が大変で外出もままならず、助産師さんにも相談できませんでした。実家の両親が、様子がおかしいのに気付き、病院を受診することを薦められましたが、頑なに拒否。病院へ行くだけの元気も残っていなかったのです。そこで、両親は警察に相談をし、その日のうちに保護されました。すぐに、心療内科へ連れていかれました。診断名は「統合失調症」。産後うつはよく聞きますが、出産のショックで心が壊れてしまっていたのです。医療保護という入院形態をとり、出産後初めてゆっくり休めました。治療は、睡眠導入剤の投薬だったのですが、一度眠ったことで、次の日からも眠れるようになったのは本当に助かったと思います。

あれから、3年が経ちました。出産時のトラウマは今では少しずつ和らいできています。睡眠が取れるようになってからは、統合失調症の症状も段々と改善されてきました。子子どもは、一時期児童相談所でお世話になりましたが、今は家庭で元気に生活しています。

出産は命がけです。その分、心を蝕むことがあることを、身をもって体験しました。自分たちだけでは解決できなかったので、周りの方たちに助けを求めることの大切さを実感しています。こんな体験をしましたが、それでも子どもたちはとってもかわいい。私の宝物です!!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*