始めて子供が生まれたママならきっと共感してくれるかも♪

優しく解決する方法を教えてくれた友人

私は中学生の時、とても性格が悪くて一部の友人を除いては嫌われていました。

特に特定の人間と非常に仲が悪くて、通りすがりに睨み合ったり悪口を言い合ったりしていました。

今考えればとても幼稚なのですが、当時はそれでいいと思っていたのです。

嫌いな人間は嫌いだし、嫌われたって構わないという考え方をしていました。

しかし中学校生活を送るうちにその考え方も変わっていきました。

友人に影響されたのだと思います。

私のような嫌われ者にも友人はいて、その友人はやっぱりできた人間でした。

誰の愚痴も言わないで、のほほんと過ごしている友人に影響されて私も友人のようにほのぼのと過ごしたいと思うようになっていきました。

ストレスだけが溜まる毎日を送ることに疲れてしまったのです。

けれど学校では自分で敵をつくってばかりだったので、いきなり穏やかな生活を送ろうとしたところで無謀でした。

すべてが遅すぎたのです。なんて馬鹿なことをしたんだろうと後悔しました。

私が急におとなしく過ごし始めても、仲の悪かった相手はここぞとばかりに攻撃をしてきましたし、だからといって応戦してはまた疲れるだけで望む日々は得られません。

学校からの帰り道を友人と一緒に歩いていた時、ふいに涙が出てしまいした。

自分が悪いのに、今更被害者ぶって平和に過ごしたいなんてふざけたことを友人に言えませんでした。

なので一人でずっと悩んでいたことだったのに、友人は私の気持ちを知っているかのように話をしました。

ちゃんと相手に話してみたらいいと思うよ。

もうやめよう。仲良くしようって。

話せばわかってくれる相手だよ。

と私の背中を擦りながら友人は言いました。

なにも相談していないのに見透かされていたことが恥ずかしくて顔が熱くなって、すぐにでも家に帰りたい気持ちになったのを今でもよく覚えています。

そして恥ずかしさの後に、友人がこう言うのだから話をしてみようと思いました。

友人は嘘を吐かないから、話をしてわかる相手と言うならそうなんだろうと考えたのです。

今までずっと考えてたんだよね。大丈夫だよって言ってくれて余計に泣いてしまいました。

自業自得だけれど苦しくて悩んでいたので、優しく解決する道を教えてくれた友人に救われました。

結局その後は友人の言うとおりに行動して平和な学校生活を送れたので、なにからなにまで助けられっぱなしでした。

頭が上がりません。大切な友人です。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*