始めて子供が生まれたママならきっと共感してくれるかも♪

以前働いている会社で女子社員達から毎日嫌味を言われていました

妊娠がわかってから、つわりや体のだるさで体調が思わしくない日が多くなり、仕事も残業などをせずに定時で帰っていたり、出張などをほかの人に変わってもらっていました。私の部署には女子社員も結構いて、その中でも結婚して出産を経験している人も複数いました。妊娠、出産しても、その先輩たちが普通に仕事に復帰して、バリバリと働いているのを見ていましたので、自分も妊娠、出産をした後でもごく普通に仕事を続けられるものだと考えていました。

しかし、私の妊娠で仕事がはかどらなくなると、明らかに私に聞こえる声で陰口を言われるようになりました。

「妊娠しているからって、休めていいね」や、「妊娠って、病気じゃないんでしょ。まだおなかも大きくなってないのに、どうしてそんなに疲れるのよ」などは、もう日常茶飯事で言われていました。

さらに、出産して子供がいる女性上司からは、「私は妊娠していた時だって、みんなと同じように仕事ができた。あなたのようにサボったりしなかった」などと言われました。

要するに、その女性上司は、自分が妊娠出産している最中でも、ほかの人に迷惑をかけなかった、自分の仕事をほかの人に変わってもらったりなどしなかったというわけです。妊娠に伴う体の変化や体調は、人それぞれ個人差がとても大きくて、私はとても体調が悪いのだといくら説明してもわかってもらえませんでした。

わかってくれるどころか、逆に、言い訳ばかりしていると言われ、本当に悲しい悔しい思いをしました。今の時代、女性の出産や育児に対して理解のない会社などあり得ないと感じたので、出産を機に、思い切って退職しました。出産後に職場復帰したところで、もっとひどいことになるだろうと、簡単に予測できたからです。まだ結婚しない女性社員から、妬みの意味を込めて、嫌味や文句を言われるのならまだしも、結婚して家庭を持ち、出産して母親になっている女性上司から、自分の妊娠出産の時の状態などと違うからといって、愚痴を言われたことに、本当にがっかりしました。

妊娠してホルモンバランスがくずれ、体調も悪く、ただでさえ気持ちの変化をおこしやすい時期に、周りの理解がないということは、心からつらいものだと実感しました。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*