始めて子供が生まれたママならきっと共感してくれるかも♪

ピジョン果汁用ガラスKタイプの哺乳瓶を半年使ってみた感想

現在、生後5カ月の乳児を育てています。完全母乳育児ですが、外出するときや、どうしても子供を親に預けて出掛ける時のために哺乳瓶の購入を検討しました。

妊娠中に自分が母乳で育てられるか不安だったので、試しにピジョンの果汁用哺乳瓶ガラス製50mlを購入していたのですが、母乳がちゃんと出たので現在それはあまり使ってません。試しにその哺乳瓶でミルクを作って飲ませてみたら飲んでくれたので、ピジョンの製品なら大丈夫だと分かりました。ちなみに吸い口はクロスカットのものです。もう少ししたら離乳食も始まるのでこの果汁用のはとっておくことにしました。

これとは別に外出用として、割れなくて軽いプラスチック素材のものを買おうと思っていました。容量的には240mlまで対応できるものをと考えていて、ピジョンのものを購入しようとしていました。そんな時に、知人から未使用の哺乳瓶をプラスチックとガラス製の2つ譲ってもらうことができました。こちらの吸い口はどちらともY字カットになっていて、2〜3カ月から使えるものとなっています。煮沸、レンジ、薬液消毒もできるので、便利で安心安全です。

いただいてすぐにプラスチックの方を使用してみました。果実のものよりシリコンゴムの吸い口が柔らかくできていて、最初はあまり吸い付きが良くなかったのですが、ミルクが出るものだと認識してくれたのか、何回か使ううちに口に運ぶと時間はかかるものの飲んでくれるようになりました。消毒は、レンジ用の消毒器具をもっていないので小鍋で煮沸したり、熱湯をかけて簡単にできるので便利だなあと実感できました。

吸い口にも吸わない時はキャップができるようになっているので、衛生面的にも安心です。
しかし、ほとんど母乳で育てていたせいか、3カ月半ばくらいになると哺乳瓶から全く飲んでくれなくなってしまいました。口に持っていったり、少しミルクを垂らしてみてもギャン泣きしてしまう始末。
結局、いまは母乳だけになり、哺乳瓶をまったく使わなくなってしまいました。ガラス製のものにいたってはいただいたままの未開封の状態でとってあります。

使い勝手も良く、サイズ感もちょうど良かったのですが、子供が受け付けてくれなくなるというのは誤算でした。
自分が母乳が出るか心配な人は、生まれる前から用意しておくと良いと思いますが、母乳が出ると分かった時点で購入は考えた方が良いと思います。私は運良くいただくことができましたが、万一子供ご嫌がったら買っても損なので哺乳瓶選びは慎重にすることをオススメします。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。