始めて子供が生まれたママならきっと共感してくれるかも♪

推定世帯収入で決まるランク付け

小学校のPTAが順番で回ってきたので引き受け、最初の打ち合わせ日に全員で連絡先を交換し、委員のリーダーに立候補した方がLINEのグループを立ち上げ、そこに参加をしました。グループ内に全員が入ると、すぐに「仕事をされている方が多いので、どのような仕事かと、休みの日を教えてください。」との連絡がありました。ほとんどの方が会社員だったのですが、一部の方は「内職」と回答していました。

私はフリーランスとして仕事をしていたですが、当時、フリーランスと言う言葉があまり浸透していなかったので「内職」と言う言葉でごまかしていました。全員の回答が出そろった後、今度は「休日に集まることもあるので、旦那さんの仕事と役職等を教えてくれますか?」と聞いてきました。役職は関係ないんじゃないかと思いつつ、「会社員」とだけ回答し、役職の部分は触れず、数名の方も同様に「会社員」とだけ回答していました。PTA業務で必ずやらなければならない事も、パート、あるいは内職で、役職ではない会社員の旦那を持つママばかりに押し付けられ、他の方は「やらなくて良い。発表の時に来れば良い」とまで言っていました。

一つの業務なのに、2つに区切られたので、「こっちはこっちで進行し、結果を報告書にして出す」という提案をすると、二つ返事で了承を貰いました。「ただし、報告書は簡潔に。B5用紙一枚にまとめる事」と言われました。裏で忙しくしているのは内職で役職ではない会社員の旦那を持つママばかりで、表舞台に立ち、報告書に書いてあることを発表をするのは会社員で役職の旦那を持つママだけでした。日程が合わずに集まれないときに、LINEのグループで打ち合わせをしていたのですが、「うるさいから他のグループを作れ」と言われ、LINEのグループも真っ二つにされてしまいました。

会社員で役職の旦那を持つ一部のママ達も「全くやらないのはおかしい」と思い、私たちのグループに自ら入り、手伝ってくれたのですが、「これは現場を見ていないとわからない」との意見が多く、その事も報告し、B5用紙5枚程になるけどいいか?と言ったのですが、「読むのめんどくさい」としか言われず、受け入れてもらえませんでした。

全ての報告書を提出し、現場で頑張った皆さんだけで打ち上げがてらランチに行こうと言う話になったのですが、その方がランチ会の話を聞きつけてしまい、私を含めたほとんどの方が、急用が入ったと言い、結局ほぼ全員参加しませんでした。その後、報告書の内容を発表する機会の時に、質問された事に全く答えられず、私に電話をかけてきたのですが、「めんどくさい」と言い切りました。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*