始めて子供が生まれたママならきっと共感してくれるかも♪

私たち親子を幼稚園から締め出そうとしたママ友

我が家は月数万円の社宅住まいで裕福とは言えませんが、子供にそれほど貧しい思いはさせてないつもりです。子供が私立の幼稚園に通っておりますので、クラスの他のママ友たちと仲良くなりたいのですが、いつも私だけお茶会などに誘ってもらえず、ママさんたちから仲間外れにされておりました。

ある日息子が幼稚園の庭で一人ぼっちで寂しそうにしていたので、どうしてみんなと遊ばないかと尋ねてみると、社宅住まいの子は汚いからバイキンマンだとからかわれたそうです。どうやらクラスの中でもお金持ちのリーダー格のママ友やその子供が、私たち親子をクラスから締め出そうとしているらしい噂をクラスの担任の先生から耳にしたのです。

担任の先生としても、同じクラスの子供たちや母親同士のトラブルは何とか避けたかったらしいのですが、なにせそのママ友の実家からは多額の寄付金が幼稚園に納入されているそうで、幼稚園サイドもあまりうかつなことは言えないような状況だったのです。

私はその話を聞いて、あまりの怒りのために腸が煮える思いがしました。確かに我が家は多くの寄付金が払えるような身分ではありませんが、きちんと幼稚園の入学テストも受けて合格したわけですし、高い学費だってきちんと納めているのです。何も世間様に恥じるような後ろめたいことはしていないのに、住まいが社宅だからと言って子供をバイキン扱いするママ友の卑怯なやり方が許せませんでした。

私はすぐに園長先生とも話をして、リーダー格ののママ友と3人で話し合う場を設けることにしました。園長先生はキリスト教の精神をお持ちになる善意に溢れる方でしたので、私たち親子の悪口を言ったママ友を何とか納得させて、幼稚園全体がみんなで仲良くなれる方向へと話し合いを進めたのです。すると、犯人のママ友がブランド物の大きなバッグから袋を取り出して、園長と私に差し出したのです。袋の中身を空けてみると、高額な商品券が入っておりました。こんなものは受け取れないと商品券は突き返して、その代わりに息子をバイキンマン扱いすることはしないでほしいとお願いしました。

彼女も園長先生の前ではさすがに言葉を発することが出来なかったようですが、それ以来息子は何とかクラスメイトと楽しくやっております。例のママ友には相変わらず無視され続け、卒園するまで挨拶すらかわすことがありませんでした。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*