始めて子供が生まれたママならきっと共感してくれるかも♪

2人目の子供の育て方で楽だった点、苦労した点

我が家の子供たちは学年で言うと2年差、年齢で言うと1歳8ヶ月の差ということで2人目の育児に関しては上の子とほぼ同時進行で行いました。上がまだ手の掛かる時期に下ができてしまったために、最初の1年はとにかく”てんてこまい”な毎日でした。
上の子もまだオムツが取れていない時期でしたし、まだまだ赤ちゃんのように甘えん坊な部分も残っていました。上の子にしてみたらまだ兄という自覚もない時期に急にお兄ちゃんにさせられてしまったことに寂しさを覚えたのかもしれませんね。そのため上の子は生まれてきた妹にライバル心を燃やして、赤ちゃん帰りを起こしたり、私の見ていないところで下の子にいたずらをします。下の子はねんねの間は上の子の時に使用したベビーベッドに寝かせておくと、上の子が叩いたりおもちゃを投げ入れたりするために、急遽頑丈なネットで全体を囲まれた(いたずら防止対策用の)特注のベビーベッドをレンタルし過ごしていたのを思い出します。

このねんねの時期を通り過ぎてからは比較的楽になったことの方が多かったです。上の子に関しては私も育児に関しても初心者ですし、何も分からないままの状態で不安ばかりの育児でしたが、下の子に関しては上の子で経験済みのことがほとんどであったために気持ち的にも余裕を持って育児をすることができました。
また2人の年齢が近かったこともあり、育児で大変な時期が案外過ぎてみると短期間で終了したことです。一人一人の育児というよりも、2人まとめての育児といった感じでした。遊びに関しても私が間に入らなくても2人で遊んでくれますし、けんかをしながらも2人一緒に成長していった感じです。
また下の子は上の子のマネをしながら何でも覚えていきましたから、私が一から教えることがほとんどなかったのも育児の上で楽だった点だと思います。

現在2人は中学受験を志し日々勉強中です。上の子の影響で下の子も受験組で頑張ることを決めたようで・・・。こういった影響を受けやすいのも二人の年齢が近かった故にお互い、特に下の子は兄に勉強で負けたくないという負けん気が生まれたんだと思います。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*