始めて子供が生まれたママならきっと共感してくれるかも♪

妊活中、セックスのことで嫁と喧嘩しました

結婚してから早く子供が欲しかった私たち夫婦は、毎日中出しセックスをしていました。しかし、1年経っても妊娠することはありませんでした。それから妻に毎日基礎体温を測るように勧めて、基礎体温計を購入し、基礎体温記入表も購入して、毎朝起床時に基礎体温を計ることにしました。

その間にもひょっとして、妊娠するかもしれないと思い、生理が終わった後は、毎日中出しセックスを実行していました。しかし1年経っても妊娠することが無かったので、私のほうに問題があるのじゃないかと妻とけんかした挙句、夫婦で不妊治療を行っているクリニックを訪れて、精子の有無や量を検査してもらうことにしました。1人小部屋に通され、シャーレを渡されてこの仲に精液を入れ終わったら、小窓を開けてシャーレを置いてくださいと看護婦さんに指示されました。

この小部屋にはテレビと椅子とDVDが置いているだけで、他は何も無く、電気も薄暗い部屋でした。この小部屋でシャーレの中に射精するということはとても難しいことでした。一応エッチなDVDが置いてあるので確認したところ、私が興奮できるようなものではなく、イメージビデオに近いセックスシーンなどが無いものか、ドラマ仕立てのベットシーンが納められているDVDしかありませんでした。とてもじゃないけれども勃起も出来ない状況で、射精することもできなくて戸惑いました。

とりあえず何もしないのは仕方ないので、エッチなDVDを眺めながら、妻とのセックスを創造して何とか興奮するように心がけました。部屋にはいって2時間経過するかというところで、何とかしないと考えた私は、無理矢理手でしごいて勃起させて、妻とのセックスを想像しながら、ようやくシャーレにこぼさぬよう射精することができました。

部屋から出てきた私に妻からいつまで時間かかってるのと怒られ、こちらの苦労も知らず、そんなに簡単に出せるか!と喧嘩になりました。そこから約1時間待たされて検査の結果を聞いたところ、精子の数は若干少ないが、運動性は問題ないといわれました。

それと妻がつけ続けた基礎体温表を医師に見せて、排卵日がこの当たりだから、この日の前後3日間にセックスするように指導されました。ところがこのころから私の仕事が忙しくなり、週末に飲み会が増えてきました。排卵日の前後が飲み会と重なると、セックスできないので、妻に怒られることもよくありました。仕事だから仕方ないだろうといっても、納得してもらえず、2、3日口を聞かないこともありました。

医者からも5日以上の禁欲後に排卵日前後にセックスするように指導されたので、排卵日を逃した後のセックスは私の性欲解放のためのセックスなので、妻と喧嘩になることがありました。喧嘩しながらのセックスは射精するだけの何か気持ちの良くないセックスになってしまいました。そんな日々を過ごしながら、排卵日前後にセックスすること半年で何とか妻が妊娠することに成功しました。ようやく私たち夫婦の妊活が終わった瞬間でもありました。結婚当初から妊娠まで2年半の妊活でした。

セックスのことで喧嘩しなくなると思い、ほっとした瞬間でもありました。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*