始めて子供が生まれたママならきっと共感してくれるかも♪

私が子供を望んだのは、結婚して一年が経った時でした。結婚してしばらくは共働きで貯金も貯めたいね、などと主人と話し合っていましたので、一年間は子供の事は気にも留めていませんでした。けれど周囲の友人のベビーラッシュに、そろそろ欲しいかな?と思い始めました。昨今は出来ちゃった婚、などどいうものもあるくらいだし、私の母も、姉も結婚後すぐに子供ができたので、子供というものはすぐにできるものだと思っていました。それでも避妊はしてこなかったので、できないことに疑いを持つべきだったのかもしれません。

ところが待てど暮らせど、妊娠する気配がありません。結婚から二年が過ぎました。「妊娠の初期症状」をネットで調べて、自分がそれに当てはまるような感覚になったりしました。仕事中も「あら?なんだかお腹がはるから、これはもしかして妊娠?」「恥骨の辺りが痛くなったからもしかして」「吐き気がするわ、つわり?」など、本当に症状が出るのです。想像妊娠というのでしょうか?しまいには「重い荷物は持たないでおこう」などど先走ったりもしました。基礎体温も毎日つけていて、体温が下がって生理が来ては涙を流していました。生理が来ても、「これは着床出血だ」と、まだしつこく考えていたこともありました。

かすりもしない妊娠待ちが続き、やはり病院に行ってみようと思いました。ネットでも結構有名な不妊治療専門の病院です。仕事場から電車で20分でしたが、やはり仕事と不妊治療の両立は辛く、結局仕事を辞めてしまいました。こちらの医師はとても厳しく、初診でも治療でも結構心無い言葉を投げかけるので、何度も泣いてしまいました。しかし、病院にはたくさんの赤ちゃん待ちの女性がいて、みんな頑張っているのだから私も頑張ろう、と思えました。

結婚から三年目、色々な検査や人工授精も数回行いましたが、妊娠はしませんでした。このままでは私には赤ちゃんはやってこないのかも、と思い、転院し体外受精に切り替えました。年齢も年齢ですし、迷いはありませんでした。転院先のネットでも有名な大きな病院には、ものすごい数の女性たちが来院していました。年齢も様々です。医師は前に通院していた病院の医師とは違い、とても優しく対応してくださいました。

私は初めての採卵、移植でラッキーにも妊娠することができました。無事出産もできました。私は体外受精にステップアップしたことを本当に良かったと思っています。もし迷われている方で年齢的に余裕のない方は、ステップアップも視野に入れてみると良いと思います。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*