始めて子供が生まれたママならきっと共感してくれるかも♪

私たち夫婦は、お互い25歳で結婚しました。二人とも仕事が激務で、暫くは貴重な休日を二人で過ごしたいと思っていたため、当時は妊娠についてあまり深く考えていませんでした。

二十代後半になると、友人たちから、「結婚したよ」「子どもができたよ」との知らせがちらほら届くようになりました。夫と私の仕事も落ち着いてきたこともあり、自然と「そろそろ子どもがほしいね」と思い始めました。

しかし、避妊をやめてもなかなか自然には妊娠できませんでした。

お互いの両親からのプレッシャーがつらく、私たちより後に結婚した妹や義兄に子どもが出来ると、表面的にはニコニコお祝いしていましたが、「私たちの方が早く結婚したのに、ずるい」と理不尽な嫉妬もしてしまいました。友人の赤ちゃんを見ても同様です。

今思えば、自分の視野がどれだけ狭くなっていたか分かりますが、当時は自分の感情も持て余していました。また、結婚してから十分な時間があったのに、それまで行動してこなかった自分を悔やみました。

不妊外来にも通いましたが、機能的には夫婦とも問題ないと言われ、タイミング法で様子を見ることになりました。

しかし、なかなか妊娠には繋がらず、その後治療を進め、採卵や注射など身体に負担になることも増えてきました。ですが、夫はどこか他人事のようで、「お金もかかるし、本当に治療必要なの?機能的には問題ないんだから、そのうちできるんじゃないの?」と言われ、思い返すと、この言葉が一番つらかったです。不妊治療は二人でがんばるものなのに、と。男性で二十代後半なら未婚でもおかしくないですし、深く考えての言葉ではなかったと思いますが、女性にはタイムリミットがあると思うと、なかなか寛容にはなれませんでした。

また、不妊治療にはお金がかかることも確かで、経済的な負担も大きかったです。共働きでそれなりに貯金はしていましたが、いつ終わるかも知れない治療に不安も感じました。そして、治療が身体に負担なのに、治療のために仕事をやめられないというループにはまってしまいました。私の通っていたクリニックは、治療は原則として平日だったので、仕事を休むのにも気を使いましたし、同僚の目が気になりました。

その後、幸いにも二年弱の不妊治療で子どもに恵まれました。今は小さな我が子が愛しくて仕方ありません。

治療は、つらいこともあり、「もうやめようかな?」と思うこともありましたが、諦めなくてよかったと思います。当時の夫の言葉へのわだかまりがない訳ではありませんが、我が子を見ていると、喉元過ぎれば何とやら、です。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*