始めて子供が生まれたママならきっと共感してくれるかも♪

私の子育てのイライラを解消する方法~赤ちゃん時代・小学校時代~

赤ちゃんが生まれて、この世の最高の瞬間の一つだと感じるのもつかの間、子育てというのは、赤ちゃんが誕生したその時から、イライラとの共存を余儀なくされますよね。私の長男は、睡眠時間が本当に、短くて、起きている時は泣いていて、いつも不機嫌でした。それでも、抱っこ紐でおんぶしながら、家事をするとおとなしくなったので、いつも背中に長男をくくりつけて、家事をしなければなりませんでした。

しかし、長男は、通常よりも大きな子だったので、何時間も長男をおんぶするというのは、至難の業であり、本当はやりたいことがあっても、おんぶしたままでは、できないということもあり、なかなか、一日を自分の思ったように過ごせず、イライラしたものです。

そんな私のイライラ解消は、車でドライブしながら、大声で歌を歌うでした。

長男がおんぶの他に黙っていられるのは、カーシートの中で外の景色を見るということでした。車の振動が気持ちよいのか、車の中では、寝入ることも多く、私が曲を聞きながら、大きな声で歌っていても、起きずにすやすやと寝入っていることが多かったです。長男は寝てくれるし、私は大きな声で歌を歌って気分転換ができるし、車でのドライブは最高でした。

赤ちゃん時代のいつもママと一緒という時代が過ぎても、母親のストレスはまだまだ続きます。子供が学校に行く時間が近づいているのに、なかなか起きてこなかったり、朝ごはんを食べたがらなかったり、前の晩に学校の準備をしておきないさいと言ったのに、朝の時間がない時にごそごそと準備したりなどということがあると、母親のイライラは、絶頂に達します。

そして、子供が学校に行った後に、体操着や笛などの忘れ物を発見した時には、大きなため息がでてしまいます。

子供達が毎日の生活の中で、決められている事を守れていない時に、何度も同じことをいうのは、本当に、母親のストレスになると実感しています。そんなイライラ気分を解消するのに、私は、運動を利用しています。

まずは、モムチャンダイエットなどで、美のカリスマを見て、運動すると、こんな体型になれるかもしれないという期待でウキウキ気分をとりもどします。そして、次は、格闘エクササイズで、パンチやキック、ジャブをして、普段抱えている子育てのイライラを発散させます。

最後のエクササイズのしめは、ヨガです。ヨガの深い呼吸法をすることで、怒りやストレス、イライラした気持ちを落ちつかせ、また、子供が学校から帰ってきたら、にっこりスマイルで、「お帰り」と言える母に戻ります。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*