始めて子供が生まれたママならきっと共感してくれるかも♪

江戸川区の保育園に早生まれの子を入れるには?

フルタイムで働いているママさんにとって欠かせないのが今話題の保活ですよね。江戸川区の倍率は駅よりになればなるほど、高いです。最初から言ってしまえば、私も江戸川区で保活をしましたが、共働きでフルタイムで働いていたのですが、落ちました。そして、泣く泣く会社を退職をして専業主婦になりました。

なので、あまり、参考にはならないかもしれませんが、運のなかった私の保活を聞いて下さい。

早生まれだと、4月復帰を予定しているので、自分で自分の子を保育する期間が短くなるのですが、私の働いてた会社は最長で3年育休が取れるので、早生まれでもあまり急がず探してたつもりですが、「入れなかった場合」を想定して、色んな保育園を探しました。まずは区役所に行って、自分の点数と自宅から通える範囲の保育園の場所。大体の倍率を聞きました。

そして、色んな園を見学させて頂き、自分が通いやすく、子供にとっても環境のよい保育園を3つあげて江戸川区役所に提出をしました。

1回目、生まれて数か月だと通える保育園が限られるので、駅からは遠いですが、預かってもらえて環境も良い所を提出しましたが、やはり、あっさりとシングルマザーの点数には負けました。なので、「1才になるまでしっかり育休を取ろう!」とプラスに考え、再度、1から探しはじめました。私立に認証に・・・。沢山の所を見て回りました。

認可保育になると料金が高く、働いてる分が飛んで行く感じだったので、保育ママも探したりしました。でも、我が家の近くにはなくて駅からも遠い。そうなるとやっぱり保育園になってしまうので、広範囲で探しました。なるべくなら駅から近い方がいいので、区役所に一生懸命「働きたい!」をアピールして!点数も再度計算してもらって「現段階では、シングルマザーさんの応募さえなければ入れます!」と言われたので、会社にも「上手く行けば復帰出来るかもしれません。」と報告しました。

祈る想いで2回目の提出。「今度こそ!!」と願いを込めて「お願いします!」と言って職員の方にわざわざ手渡ししました。その時は本当に必死だったのです。自分のやりたい仕事をしていたので、「そこに戻れるかもしれない!」と期待を込めて・・・。数週間後・・・。封筒に入ってた手紙は残酷でした。応募してない駅からも我が家からも遠い「〇〇園でしたら入園が可能です。」との手紙。恐らく、必死だった私に職員の方が丁寧に書いて下さった感じでした。

同じ早生まれで同時期に保活をしているママさんは駅の近くの園に入る事が決まったので、喜んでいたのですが、私は素直に喜ぶ事が出来ませんでした。会社にも事情を話し、人事を担当している方も理解がある方だったので、「それは通勤が無理だよ!」とはっきり言われてしまい、2回目も諦める事にしました。

ラストチャンスだ!とかなり活き込んでました。

会社からは、私が戻りたかった元の業務には戻れない事を宣告されてしまったので、それは仕方のない事だと諦めて、でも、新しい職場も私が持っている資格が役に立つ職場だったので「自分の出来る事」=会社に必要とされてる!と解釈して、プラスに考えて行動しました。

また、地道な保活が始まりました。少し新しく園が出来たり、認証にも補助金が出たりと制度が変わってきたので、選べる範囲が増えました。子供もそれなりに大きくなったので自分で出来る事も増えたので、「駅から遠い園でも通勤可能かな?」とか「やっぱりあの園に入っておけば良かったかな?」とか色々考えながら、でも、やはり一番は「子供の為になる園に行かせたい!」ただ、「自分が働きたいが為に保育園入れるべきではない。」と考えていたので、私立・区立・認証・保育ママと自分の子に合った所を探しました。何度も見学にもお邪魔させて頂き、先生にお話や「病気になった場合」とかの質問もさせて頂きました。

自分が納得できる園を決めて、3度目の正直で提出しました。その間、何度も区役所に行って問い合わせもしました。数週間後、届いた手紙は悲しい物でした。でも、やれる事はやったので逆にスッキリしました。入れたママ友達や友人に素直に報告し、会社にも報告し、退職願を提出しました。区役所の方に言われました。「こればっかりは運です。」と・・・。でも、早生まれだからこそ、早く保活しよう!と思えたのは良かったです。

早生まれだから・・・とか思わず、行動して下さい。

自分の子に合う園を見つけて、そこへ入れるんだ!!との思いを強く思って書いて提出してみて下さい。最近は、園も増えて入りやすくなったと聞きました。倍率も少し下がって2人目も同じ園に入れたと友人からは聞きました。それでも、兄妹でも別々の園に入っている人達も多いので、区役所に問い合わせをして、自分の状況や点数など把握しておく事が重要だと思います。みなさんにも悔いの無い保活をして頂きたいと思います。

江戸川区保育園に関する区の最新情報

https://www.city.edogawa.tokyo.jp/kosodate/kosodate/hoiku/index.html

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*