始めて子供が生まれたママならきっと共感してくれるかも♪

足立区の保育園に早生まれの子を入れるには?

足立区に住んでいます。

実は足立区はあまり表だって言われていませんが、23区の中でも屈指の待機児童数のある区です。

待機児童というと世田谷区、杉並区など山の手の人気エリアのイメージがあるかもしれませんが、数で言うと足立区や板橋区、江戸川区といった都内では比較的地価が安めの地域も激戦なのです。

うちもそうなのですが、やはり若いファミリー層で普通のサラリーマン世帯でも手が出る家賃や分譲価格があるのはこの辺りの区だと思うので、子育て世代が集中するのは仕方のないことなのかなと思います。

下町の雰囲気のある足立区ですが、都心からのアクセスは便利なので、夫婦ともに都心でフルタイム勤務している我が家は分譲マンションを購入しました。

都内ではリーズナブルな地域と言えども、夫は平均年収ぐらいの我が家では、私も働かないと新築マンションなんて手が出ない価格です。

そのため、子供ができても共働き必須ということは初めから決めていました。

マンション購入から3年後、念願だった子供ができました。

会社に報告をして、育休の時期について上司と打ち合わせをしていた際、「待機児童は大丈夫?」と心配されたのですが、この時点で足立区が激戦と私は知らなかったので「大丈夫です」と気軽に答えていました。

今思うと何てお気楽というか、危機感がなかったのだろうと思います。

私は危機感を覚えたのはそれから大分先、子供が生まれた年の秋です。

うちの子は2月生まれなので、1歳を過ぎた年の4月から新年度で入園させることにしていました。つまり満1歳児クラスです。
その申し込みが前年の冬にあるので、その前に認可保育園の見学をして、希望園を絞ろうと動き出しました。

まずは区役所で保育園一覧表をもらって、ついでに状況を聞いてみようと思い話をしたところ、恐ろしい現実を突き付けられました。

というのは、今の状態では我が家は認可保育園にはまず入れないと思った方が良いとハッキリ言われました。

希望園云々の話ではなく、入れる園すらなかったのです。

私は夫婦共にフルタイムならば大丈夫という勝手な自信がありましたが、今のご時世、認可園を希望するにはそれは当たり前の最低条件で、それプラス何かしらの加点がないと絶対に無理だそうです。

しかも、それは0歳児クラス入園の話です。

0歳児クラスで定員は埋まってしまうので、うちのように1歳児クラスから希望する場合は転勤などの理由で退園者が出ない限り入ることができません。

でも、ふと考えてみると、我が家のような2月生まれの子は0歳児クラスが始まる4月の段階ではまだ生後2ヶ月に満たないので、そもそも入ることができません。

それなのに0歳児クラスから入らないと認可園に入れないというのは納得がいきません。保育園は6歳まで通う子供にとってはとても重要な位置づけの存在なのに、早生まれだからといって申し込みすらできないというのは不公平そのものだと思います。

でも、現実には不公平だろうが何だろうがその事実があるわけで、残念ながら「早生まれは損」と思って保活をするしかないのが現状のようです。

そんな現状を突き付けられたのは子供が生後7ヶ月の時です。

あと2か月もすれば認可園の申し込みがあり、半年後には職場復帰しなければなりません。

そこで、我が家は望みの少ない認可園は諦めて、認証保育園に的を絞ることにしました。

我が家の周辺はJRが通っていて交通アクセスが良いこともあり、区内で人気のエリアです。そのため、認証園でも0歳児クラスで定員が埋まってしまって、1歳クラスでの入園は難しいと言われたところがいくつもあります。

でも、認証園の場合は運よく認可に転園できた人や転勤になる人、仕事を辞めた人などで認可園よりは流動性があるので、あと半年あれば空きがでる可能性が高いというニュアンスで説明されることが多かったので、気に入った認可園二つにエントリーすることにしました。

一つだと駄目だった時に埒が明かなくなるので、保険のために二つ選びました。

一つが第一希望で近所の人気認証園です。認証の中では広めで人数も多めで、認可園に近い保育をしているところなので人気が高く、キャンセル待ちが既に前に何人もいる所です。

もう一つは、第一希望の園に比べると規模が小さく、駅から遠いこともあり、第一希望の園ほどのキャンセル待ちはいない所です。

年明けの段階で第2希望の園から空きが出たと連絡を受け、とりあえず申込金を払うことにしました。そしてその翌月、子供が1歳になる前に第1希望の園からも空きが出たと連絡を受け、第2希望の園の申込金は無駄になってしまいましたが第1希望の園に通うことにしました。

育休明けの2ヶ月前、ぎりぎりでの決定でした。

最悪、育休延長か退職も頭によぎるぐらい精神的に追い詰められた数か月でしたが、なんとか無事に決まって良かったと思います。

足立区は待機児童が多い割に、認証園へ通う世帯への補助金が少なめなのでもう少し充実すると良いなと思います。

足立区保育園に関する区の最新情報

http://www.city.adachi.tokyo.jp/k-kyoiku/kosodate/hoikuen/

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*