始めて子供が生まれたママならきっと共感してくれるかも♪

文京区の保育園に早生まれの子を入れるには?

私は都内の別の区の出身なのですが、子育てをするなら文京区でと昔から憧れを持っていました。

学力の高い公立が充実している印象があり、実際に文教地区として教育熱心な親が多い地域になっています。そういった環境で学校に通わせたいと思い、夫も同じような考えだったので結婚してすぐに文京区に住むことにしました。

ただし、都内でも家賃は高めのエリアになるので、私もフルタイム勤務を継続し、結婚後も働くことにしました。

結婚して数年後に妊娠したのですが、仕事を辞める選択肢はなかったので保育園に預けて仕事を継続することにしました。

都内の待機児童問題は数年前から問題になっていますが、特に子育てに人気の山の手エリアが大変なことになっている印象があったので、我が家の周辺も例外ではないのだろうなと不安になりました。

具体的に数字としてのデータを見てもぴんと来ないので、少し前に育休を取得していた同級生に詳しい話を聞いてみることにしました。

その子は待機児童数No.1の世田谷区に住んでいて、それでも無事に職場復帰できているので、是非その方法を教えてほしいと思いました。

でも、話を聞くと正直がっかりでした。

というのは、同級生が子供を認可保育園に入れることができた経緯は、「4月入園で0歳児クラス狙い」を全うしたからです。

認可園に入るのはポイント制になっていて、労働時間が長いほどポイントが高くなり、都内の場合は最もポイントが高い夫婦フルタイム勤務は必須条件です。

その他、兄弟姉妹が同じ園に通っている加点など細かい加減点があるのですが、自分で作れる加点としては「認証保育園に通っている」ということがあります。

申し込みの段階で既定の時間以上で認証園に通っている実績があると点数が加点され、その1~2点が当落の分かれ目になるため、私の同級生は子供が0歳6ヶ月の時点から認証園に通い、その年の冬に認可園の0歳児クラスに申し込んだそうです。

はじめは、申し込みの時点で加点を意識して認証の実績を作るとはすごい!と思って聞いていたのですが、これは生まれ月が4月、5月など年度初めに近くないとできないことだとわかりました。

友達の子は4月生まれなので、生後半年でも10月で、認可園申し込みの12月まで2ヶ月あります。

でも、うちの子は2月生まれなので申込み時期の12月にはまだお腹の中。

認証で実績を作るどころか、0歳児クラスに申し込むことすらできません。

そしてその友達いわく、「4月入園の0歳児クラスを逃したら、まず3歳までは認可園には入れないと思った方がいい」とのこと。

そして、認可園に入れなかった人が認証園に殺到するので、それすら確保できないことも多々ある、と。
もう目の前が真っ暗になりました。

事情は分かりますが、それだと早生まれの子は認可園に入れないことになります。

でも、現実として「早生まれは不利」という保活の常識が存在しているのです。

子供が生まれる前から不安でいっぱいになってしまったので、素人の話ではなくちゃんと役所で話を聞こうと思い、夫と共に区役所を訪れました。

大筋の話は友達から聞いたものと同じでしたが、区によって状況は少し異なるようで、文京区の場合は世田谷区の友達が住むエリアに比べるとそこまで厳しいものではなさそうです。

というのは、文京区の私が住むエリアは認証園が充実していました。

ここ数年で新たにマンションは沢山作られているのですが、新しい保育園も作られているのでそれほど深刻な状況ではなく、多少駅から離れていたり、小規模であったりと内容を厳しく選ばなければ預け先が無いという事態にはならなそうでした。現に95%以上の人がどこかしらの保育園に入ることができているというデータがあり、とりあえず仕事を辞めることにはならなそうなので安心して出産に臨めました。

実際に保育園選びに動いたのは子供が無事に生まれて、半年近く経った頃からです。

いくら都内では入りやすいといっても認可園の1歳児クラスは狭き門なので半ばあきらめていました。

でも、文京区の場合は加点に「祖父母遠方」などといった項目もあり、世帯収入も反映されます(低い方が有利)。我が家はごくごく一般の収入世帯なのですが、周囲は2世帯住宅の高収入なおうちが多いせいか、なんとダメ元で申請していた認可園に内定をもらうことができました。

申請の際には地域の中ではあまり人気のない交通アクセスが少し不便な場所にある園を第一希望にしたこともよかったのかもしれません。

実は、絶対に落選すると思い、既に気に入った認証園に登録料を払っていました。認証園は申し込みの順番が早ければ入れるので、認可園の結果が出る前の時期に念の為登録だけさせてもらっていました。

そこで支払った登録料数万円は返ってきませんが、認証園はキャンセルすることにして認可園に通っています。
まさか1歳児で認可園に入ることができるなんて思わず、幸運をありがたく思っています。

文京区保育園に関する公式情報

http://www.city.bunkyo.lg.jp/kyoiku/kosodate/okosan/nicchu/ninka.html

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*