始めて子供が生まれたママならきっと共感してくれるかも♪

大田区の保育園に早生まれの子を入れるには?

大田区在住、夫婦ともにフルタイム勤務の我が家ですが、子供の保育園が決まるまでは本当に大変でした。

妊娠中から区内の待機児童数などはチェックしていたのですが、数字には余裕があったので保活を甘く考えていた節もあるのですが。

大田区は広いので、エリアによって街の雰囲気も違いますし、若いファミリーの多い地域とそうでない地域、子育てに人気の地域やオフィス中心の地域など多岐に渡ります。

そのため、区のHPなどで「大田区」としての待機児童数を見ても実はあまり参考にならないのだと後々知りました。

一歩進んで、保育園ごとの欠員数をチェックしなければ意味がなかったのです。

私は甘く考えていたので、子供が3月末に生まれる予定だったため、翌年4月から入園させて自分も仕事復帰するのがちょうどいいと考えていました。

私の勤務先は基本は1年ですが、事情によっては3年まで育休を延長することができて、ありがたいことに恵まれた環境にあるため、ある程度自分のやりやすい時期に復帰のタイミングを合わせようと思っていました。

子供が実際に3月末に生まれ、大田区は冬に保育園の申し込みがあるため、夏の終わり頃から希望する認可園を決めようと思い色々と調べ始めました。

実際に見学してみたいと思い、直接園に連絡するものなのかわからなかったので生後半年の子供を連れて区役所の保育担当の部署に聞きに行くことにしました。

すると、私の家の近くにある認可園ですと、来年4月からの入園は難しいと言われてしまいました。

というのは、うちの子は早生まれなので、来年4月から入るクラスは満1歳児クラスになります。

人気園の場合は1歳児クラスから入るのはほぼ不可能で、0歳児クラスの段階でもう定員がいっぱいになってしまっているとのことでした。

ごくまれに転園者が出てぽっと欠員が出ることはあっても、その枠を巡って高倍率の戦いとなるため、可能性としてはごくごく低いそうです。

0歳児クラスも4月入園で埋まってしまうそうで、その申し込みは前の年の冬です。つまり、うちの子のような早生まれは生まれる前の出来事なので、早生まれの子は激戦区では保活のスタート時点から大きなハンディを背負っているのです。

私の住んでいる激戦地区では0歳児クラスに入れるか否かが認可保育園に入れるか否かと言われるぐらいそのタイミングは大きく影響するらしく、そのために子供を4~5月生まれにするように計画する人も少なくないそうです。

私は大学入学と同時に今の地域に越してきて、そのまま何年も住んで今に至ります。そのため、あまり子育て環境云々は考えたことがなく、自分の住むエリアがそんなに保育園激戦エリアであることも全く認識していませんでした。

なので、「見学して気に入った園に入れてあげよう」なんて甘いことを考えていましたが、実際はそんな希望なんて出せる立場では全くなかったのです。

とりあえず、1歳からの認可園の入所は不可能だとわかり、来年4月の仕事復帰に向けて認証や認可外の園探しをすることになりました。

こちらは区役所で園の所在地などの情報はもらえますが、個々の受け入れ情報は各園に問い合わせないといけないため、通える範囲にある園をピックアップして一つずつ電話問い合わせをしていきました。

認証でももう既に0歳児で定員は埋まってしまって、来年4月からの長い待機リストができている園が多く、こちらも私に選ぶ余地はありませんでした。

一方、大田区には保育ママという制度もあります。

これは保育経験があり、保育士や看護師、保健師などの資格を持つ女性が自宅や保育所で子供を預かってくれる制度なのですが、区が間に入るので安心感があり、夫も気に入ったようなのでこちらにも申し込むことにしました。

とはいえ、保育ママも人気があるので、申し込んだからと言って利用できるとは限らず、後日当落の連絡が来ることになります。

結局、保育ママにも落選してしまい、我が家には空いている認証を探すしか道はなくなりました。

家から徒歩・自転車で行かれる圏内には通える園が無かったので、電車で通園する園も視野に入れ、オフィス街に近いエリアでの空きを見つけることができました。

通勤と同じ電車なので、通勤の際、途中下車して送迎することになり手はかかりますが背に腹は代えられません。仕事を辞めるわけにもいかないので、とりあえず1年間はこの認証で頑張ろうと心を決めました。

そして来年、2歳児クラスの認可園の入園を目指しています。

大田区は区役所で認可園の当落ラインの点数を教えてくれます。なので目安がつけやすいということもあり、あまり人気の無い園でも良いので、我が家の持つ点数(フルタイム勤務+認証加点)で入れそうな園を第一希望として申請してみようと思います。

点数制度といっても結局は園ごとの点数順なので、高い点数を持っていても人気園では厳しいとわかりました。なので、倍率の低い園を目指そうと思います。

大田区保育園に関する区の最新情報

http://www.city.ota.tokyo.jp/shisetsu/hoikuen/

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*