始めて子供が生まれたママならきっと共感してくれるかも♪

中野区の保育園に早生まれの子を入れるには?

結婚して中野区に引っ越して来ました。

私の家がある地域は区内でも戸建ての多い地域で、JR沿線の駅前のような都会というよりは落ち着いた街並みで、マンションは多いですが規模の大きなものはほとんど無く、とても閑静な地域です。

お隣の家には小学生がいて、そのママさんから小学校は2クラスほどであまり大きくないと聞いていたため、子供の数が多くない地域なんだろうと思っていました。

中野に引っ越して数年後、子宝に恵まれました。

仕事は辞めるつもりはありませんでしたが、私は看護師でフルタイムで働くと夜勤に入らないといけなくなるため、状況によっては妊娠中からパートタイムに変更しても良いかなと思っていました。

上司にそのような話をしたところ、絶対フルタイムを死守しなければ保育園に入れないと言われ、初めはフルタイムで働いてほしいからそんなこと言っているんだろうと思い流していましたが、会う人会う人同じことを言われるので、一度ちゃんと話を聞きに行こうと思い区役所の子供教育部にアポイントを取りました。

区により内容開示に差があるようですが、中野区はかなりオープンに保育園入園の当落ラインを開示してくれています。
私はその表を見せられて初めて中野区の保育園激戦状況を知りました。

認可園に入るにはポイント制になっていて、中野区で0歳または1歳クラスに入ろうと思ったら最低でも42ポイント、園によっては44ポイントが当選の最低ラインです。

フルタイム勤務が20ポイントなので夫婦フルタイムは最低限必要で、その上で認証保育園に通った経験がある人、ひとり親世帯、低収入など何かしらの加点がある人のみ入園することができる状態なのです。

我が家は他に加点は無いので、フルタイム勤務でも落選。パートタイムではお話にならない状況で、上司や同僚の言っていたことが真実だったのだなと噛みしめました。

23区内は多かれ少なかれ同じような激戦状態だと思うのですが、同じ職場で働く同僚は出産後普通に子供を認可園に入れて職場復帰している人ばかりです。

なので、そんなに難しいことではないと思ってしまった節もあるのですが、よくよくその人たちに聞くと裏技に近い方法がありました。

それは「0歳児クラスにいれる」ということです。

幼稚園もそうですが、一度入ってしまえば卒園の年齢になるまで同じメンバーで学年が上がっていきます。つまり、0歳児クラスで入った子たちが翌年1歳児クラスになり、また翌年には2歳児クラスになります。

そして0歳児クラスで定員いっぱいになってしまえば、年次の高いクラスでは転勤や退職などにより退園する子が出ない限り、募集がかからないので、いかにして0歳児クラスで入るかが認可園に入る大きなポイントと言えます。

でも、我が子は3月の早生まれです。

園により異なりますが、中野区では生後2ヶ月経ってないと預けることができません。そのため、4月の時点で我が子はまだ1ヶ月にも満たないので預けることができません。

しかし、0歳児クラスは4月の年度初めの段階でほぼ定員が埋まってしまう現実があります。うちの子は5月に入れば生後2か月を超えるので、規定上は5月から入園することができますが、中野区の0歳児クラスは途中入園はまず空きがないので不可能です。

しかも、4月入園の申し込みは前の年の冬なので我が子はまだ産まれていません。

このように、激戦区において0歳児クラスの4月入園が最も可能性の高い保活なのですが、早生まれの子はそれが物理的にできない状況にあり、とても理不尽に思います。

認証保育園に6ヶ月以上通うと2点もらえて、3ヶ月以上だと1点です。

2点もらえると我が家は42点になるので、園によってはギリギリ当落ラインに乗ることができますが、そのためには6月ごろから認証保育園に通わなければならず、その時点で子供はまだ3ヶ月です。

しかも42点を持つ人はとても多いので、当落ラインだからといって内定がもらえる保証はありません。

あまりに失うものが多いので、うちの場合は1歳になった翌月4月から認証園に通うことにしました。

認証園は地区の制限はないので、うちは杉並区寄りの為、都内屈指の激戦区である杉並区から流れて通っている人も多かったのですが、何とか空きを見つけることができました。

その園はビルの一室で、庭が無いのと延長保育の時間が18時台までで早いので空いていたようです。

私の職場は子供が3歳になる誕生月までは時短勤務ができますので、なんとか3歳になるまでには認可園に移らせてもらいたいと思っています。

20時すぎという認可園の延長保育時間ならば夫がお迎えに行くことも可能なので、私の夜勤が始まっても対応できるからです。

「転園できるかな」というやきもきした期間が年単位で続くと思うと憂鬱で、早生まれじゃなかったらこんな苦労することなかったかもしれないとすら思えることもありますが、考えても仕方がないのでできることをしようと思います。

中野区保育園に関する区の最新情報

http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/244000/d001496.html

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*