始めて子供が生まれたママならきっと共感してくれるかも♪

豊島区の保育園に早生まれの子を入れるには?

豊島区に住んでいます。

大学進学のため上京してからずっと豊島区に住んでおり、同じく学生時代の同級生である夫も近くに住んでいたため、自ずと結婚後も近くのマンションを借りることになりました。

そして、妊娠したことをきっかけに、今住んでいる地域に家を買うことにしました。

豊島区は地価が高めなので私も共働きを続けることが必須条件でしたが、便利な都会に家を持つことができ、子宝にも恵まれ、我ながら順風満帆な人生だとウキウキしていました。

私の住んでいる地域は区内でも昔ながらの住宅地で一軒家や小型のマンションが多く、池袋などのように超高層タワーマンションが立て続けに建っている地域ではありません。

そのせいか、子供が多いという印象を持っていなかったため、保育園についても普通にしていれば入れるだろうと思っていました。

会社にも妊娠報告をして、私の勤める会社は育休は1年間ですが、保育園の入園状況によっては1年半まで延長することができます。

うちの子は3月生まれの予定なので、1歳になった年の4月から入園させて、育休を1カ月延長させてもらうことで了承を得ていたので私もそのつもりでいました。

そして無事に子供が生まれて、その年の秋、保育園の入園申し込みの時期になったので満1歳児クラスでの申し込みを出しました。
豊島区は電話で結果連絡が来るのですが、なんと第3希望まで出していましたが全て落選。

もうあと2か月で職場復帰しなければいけないのに、保育園が決まらないという恐ろしい事態になってしまいました。

これは完全に私の認識不足です。

焦って区役所に相談に行ったところ、両親がフルタイム勤務だけでは私の希望した園は点数不足だったようです。

それなりの規模があって、建物も綺麗で設備が整っている人気園だったこともあり、通わせたいと思う親御さんが多かったようで、ハッキリと点数を教えてくれませんでしたが、お話された内容から察するに両親フルタイムは当たり前、認可外や認証保育園に通った実績の加点、そしてさらに兄弟姉妹加点があって初めて入れるレベルだったようです。

そしてさらに私は子供が「早生まれ」であることを深く考えていませんでした。

でも、早生まれは保活にはとても不利だったのです。

というのは、私が希望したような人気園は満1歳児クラスからの入園は本当に本当に狭き門です。園によっては募集人数がゼロということも多いにあり得るようです。

なぜかというと、0歳児クラスから入る人が多いので、そこで定員が埋まってしまうと1歳児クラスとして募集しないからです。
でも、うちのように早生まれの子は0歳児クラスには入れません。

4・5・6月生まれなどの子は入園申し込みのある秋には既に生後半年を悠に過ぎていますが、うちの子のような早生まれの子はその時点でまだお腹の中です。

人気園の場合は0歳児クラスでも入園申し込みの時点で空きはゼロという状況になるので、途中入園は厳しいのです。

そのため、保活激戦区で早生まれの子を持つ親は子供が生まれる前から認証や無認可園の予約申し込みをして、入れるところを押さえておくという人も少なくないそうです。

認可園と違い、認証や無認可園は早いもの順で申込みができるので、申込金を払えばその時点で席は押さえられるからです。そして認証や無認可園に通っていると認可園申し込みの際に加点されるので、認可園に入れる確率が上がるということです。

我が家は住宅ローンもありますし、子供を預けられる両親は遠距離の地方なので、どうにかして預け先を確保しなければ生活がままならなくなります。

順風満帆な人生だと思っていたのに、保活に失敗したが故に仕事を失い、家も失うことになるかもしれないという恐ろしいプレッシャーにさらされる日がこんなにすぐにやって来るなんて、人生って山あり谷ありだなと落ち込みました。

でも、落ち込んでいても何も好転しないので、とりあえず区役所の職員のアドバイスに従って2次募集を出している園に応募することにしました。

幸運なことに私の住んでいる地域は全体的に見れば酷い待機児童状態ではありませんでした。若いファミリーに人気のマンションエリアは熾烈な空席争いになっているようですが、私の住む地域は贅沢言わなければ入れる園はありました。

豊島区はここ数年の待機児童問題に力を入れており、小規模保育所を増設するなどして預け先は増えています。地域によってはそれを上回って応募者が増えているのでまだまだ厳しい待機状態があるエリアもあるようではありますが。

もう贅沢を言っていられないので、駅から遠い小規模で、2歳児クラスまでの園に希望をだし、無事に内定をもらうことができました。

3歳児以降は幼稚園に移る人もいるため認可園も空きが増えるので、そのタイミングで転園できたらと思っています。

カンタンに考えていた保活ですが、仕事も家も失う危機まであと一歩という所まで経験して、もっと早めにリサーチしておけば良かったと少し後悔しています。

豊島区保育園に関する区の最新情報

http://www.city.toshima.lg.jp/260/kosodate/kosodate/hoikuen/nyuen/002006.html

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*