始めて子供が生まれたママならきっと共感してくれるかも♪

世田谷区の保育園に早生まれの子を入れるには?

3月の早生まれの娘を世田谷区の認可保育園に通わせていました。世田谷区は認可保育園の激戦区で待機児童も多いということなので、妊娠中から情報収集をしていましたし、妊娠前から職場の上司への根回しを怠らないようにしていました。

世田谷区には0歳時から入ることができる保育園がありますが、0歳児の枠はものすごく少ないので4月に完全に枠が埋まります。欠員補充もほとんど期待できませんので、4月以外の年の途中から入れる可能性はほぼないものと考えました。うちは4月の時点ではまだ1ヶ月にもなりませんから、4月に入れることもできません。ですので最初から4月の1歳での入園を目標にして行動していました。

育児休暇の間に自宅と職場(私は職場も区内なので)で通えそうな保育園をピックアップして、ネットで情報収集を行いました。本当なら実際に園に通わせている人から体験談を聞くのが一番なのですが、近所に知り合いはいませんでしたし、職場にも子持ちがほとんどおらず、いても他自治体だったり、すでに子供がかなり大きくなっていたり、子育てにまったくタッチしていないであろう男性だったりで、身近な人から情報収集するということはできませんでしたので、もっぱらネットが頼りでした。ただし世田谷区では残念なことに、「どこの園に入れたいか」ではなく「どこの園なら入れるか」という状況ですので、園の施設や環境などに関して多少のことは目をつむらなければいけませんでした。

園をピックアップしたら次は見学です。見学できそうなところはかたっぱしから見学をさせてもらいました。見学は園内の行事やスケジュールなどによって、開園している時間ならいつでもいいわけではありませんでした。他にも見学する方がいらっしゃる時もありますので、見学を希望する場合は早めに連絡をして予約をしたほうがいいなと思いました。見学する前には外から園庭などを見学し、園児たちの様子や先生方の雰囲気などを確認していました。見学では気になる点はどんどん質問させていただきました。

入園は世田谷区ではポイント制をとっていますので、例えばフルタイムかどうか、勤続年数、祖父母などの同居の有無などがポイントとして加算されます。私はフルタイムで勤続年数もかなり長く、地方出身なので祖父母も他県でしたからポイントはそこそこあったとは思います。さらに、入園申し込みの時点で仕事に復帰しており、なおかつ無認可の保育施設に預けているとさらにポイントがつきました。早生まれは4月に入園するのが難しいかわりに入園まで1年という時間があります。ですので、その1年の間にある程度の月齢になった時に職場復帰をして、無認可保育施設に預けようというスケジュールがとても組みやすいし、1歳から入園するというのは子供にとってもちょうどいいのではないかと感じました。それは早生まれでよかったと感じた点です。

私の場合は7か月すぎから段階をふんで職場に復帰しました(入園に有利なためだけでなく、純粋に私が仕事に早く戻りたかったという理由もあります)。最初の1ヶ月は子供と離れ、子供が保育施設になれるために午前中だけの勤務にしてもらい、その後の1ヶ月は時短に、3ヶ月目からフルタイムにしてもらいました。子供はまだ1歳にも満たないので多少の不安はありましたが、毎日保育施設に送る時に、「ちゃんとお昼ごはん食べたら迎えにくるよ、絶対に迎えにくるから大丈夫だよ」と何度も話して聞かせました。子供がそれを理解していたのかどうかは知りませんが、もともと人見知りしない性格もあって、保育施設へはほとんど問題なく通ってくれました。

入園申し込みには、入園を希望する園の欄には実際に通いたい園だけでなく、ここまでならなんとか通えるという園まで15か所程度記入をしました。後でママ友になった人は職場から一筆書いてもらったりしたそうです。申込書の書き方で入園できるかどうかが決まるのかわかりません。気休め程度かもしれません。

入園できたとして、早生まれである子供が他の子供たちについていけるかどうかという心配はありました。特にうちは3月生まれなのでたぶん一番小さいですので、生活習慣なども他の子よりもかなり遅れているでしょう。でも特別なしつけや訓練はあまりしませんでした(もちろん園に丸投げするというつもりではなく、最低限のことはしました。入園を意識した特別なことをしなかったということです)。周りの大きい子たちを見て学んでくれるだろうし、先生方の指導を信じようと思ったからです。

なにが決め手となったのかはいまだにわかりませんが、無事に認可保育園に入園できました。とにかくほっとしましたが、数か月の面倒を見てくださった保育施設の先生方とわかれるのは寂しかったです。

子供を早くに保育施設に預けるということがいいことなのか悪いことなのか、子供は本当はどう感じていたのか、今でも悩みます。それでも子供は楽しく通ってくれたし、私も好きな仕事に戻れたことに心から感謝しています。

世田谷区保育園に関する区の最新情報

http://www.city.setagaya.lg.jp/kurashi/103/129/

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*