始めて子供が生まれたママならきっと共感してくれるかも♪

北区の保育園に早生まれの子を入れるには?

JR埼京線沿線の北区に住んでいます。私の住んでいる辺りは比較的保育園に入りやすい、と聞いていたので危機感が全くありませんでした。

子供は2月生まれなので、育休を1年間頂いて、満1歳児クラスの2月に途中入園でいいよねと夫と話しており、会社にも妊娠報告と共にそんなスケジュールで復帰したいと話しました。

しかし、周りから「甘くない?」と言われまくり、上司にも「本当に2月復帰できるの?」と念を押され、心配になり区役所の入園相談室に話を聞きに行きました。

すると厳しい現実を突き付けられました。

確かに私の住んでいる地域は「都内では」比較的待機児童の割合が少ない地域ということですが、100%の人が入れるということではなく、ただ単にその倍率が低めというだけでした。

山の手の子育て人気エリアで聞くような、妊娠してすぐに認可外を予約しても既に間に合わないかも、などという白熱した状況ではないようですが、それでも夫婦フルタイムで共働きであっても認可園に入れないことは多々あるようです。

そして、もう一つ厳しい現実を突き付けられました。

というのは、北区では他区に比べて認可園に入りやすいと言われているけど、「0歳児クラス」と「4月入園」以外は倍率は高いとのことです。

0歳児クラスとは、文字通り1歳にならない子が通うクラスですが、うちの子は3月生まれです。

園により異なりますが、早い園でも生後2ヶ月からしか預かってくれないので0歳児クラスに4月から入ることは不可能です。
例えば6月生まれの子なら、4月時点でも生後10ヶ月、申込みの冬の時期には既に生後半年近くなっているので翌年の0歳児クラス・4月入園に余裕で申込みができます。

でも、うちは3月生まれなので、申込み時期の時点ではまだお腹の中です。そして時間的にも4月から0歳児クラスに入ることはできず、途中入園はどこも定員が埋まってしまうのでそれはそれは狭き門となります。

その後の1歳児クラス、2歳児クラスはそのまま持ち上がりなので0歳児クラスで満席になってしまえばその上の年齢では退園者が出て空きが出ない限り入ることができません。

つまり、4月時点で0歳児クラスに預けられる月齢に達していない早生まれの子は認可保育園入園にとても不利なのです。

私はそんなことは露知らず、世の中が「早生まれは大変ね」というのは単に4月生まれの子と1年近く違うので発達面で小さいうちは同じクラスで同じことをするのが大変という意味だけかと思い、「数年のことですから」と高をくくっていました。

でも、実は想像以上に大きなことだったと初めて知りました。

保育園に入れなければ仕事を辞めるしかなく、仕事を辞めたら我が家は住宅ローンを払っていけないのでマンションを手放すことになります。
まさか待機児童問題が我が身とこんな身近にあったなんて、と妊娠中から愕然とし、憂鬱になってしまいました。

ただ、妊娠中という早い段階でこの現実を知ることができたのは良かったと思います。

区役所の職員のアドバイスもあり、認可園の1歳児クラスに入れなかったことを考えて、できるだけ早く認証保育園を押さえておくことにしました。

認可園は空きがあっても抽選で追加募集という形になることがほとんどですが、認証や無認可の園の場合は申し込みが早い順というところがほとんどです。

我が家の近くにも認証園が一つあり、見学させてもらったらとても良い雰囲気でした。

そこは認可園に比べると0歳児クラスに多少余裕があって、子供が生まれた年の秋口でもまだ空きがありました。認可園の結果が出ると落選した人で埋まってしまうという話を聞いていたので、認可園の結果が出る前にその認証園へ申込金3万円を支払い、席だけ押さえておくことにして、もしも認可園に合格できたら申込金は戻ってきませんがキャンセルさせてもらうことを事前にお話しておき、了承してもらっていました。

結果、認可園には落選してしまい、3月から近所の認証園へ通うことになりました。

やはり認可園の1歳児クラスは狭き門でした。

でも、北区の場合は認証園でも区から保育料の補助が出るので、「認証・認可外は保育料が高くて大変」という世の声とはちょっと違ったイメージです。

もちろん認可園よりも保育料は高いのですが、補助のおかげでそれほど変わらない金額で通うことができています。

ただ、うちの通っている園は2歳児クラスまでしかないので、3歳児クラスになるタイミングで認可園に移ろうと思っています。

3歳児クラスになるタイミングで幼稚園に転園する子もいるので、比較的そのタイミングで認可園は余裕が出ると区役所で聞きました。

一応今も待機に順番を連ねているのでもしかしたらもっと早く認可に移れるかもしれませんが、今は認証でもそれほど不便を感じていません。

北区での保活は他区に比べたら余裕があるのかもしれませんが、それでも確定するまでは精神的プレッシャーは大きかったです。

北区保育園に関する区の最新情報

https://www.city.kita.tokyo.jp/hoiku/kosodate/hoikuen/hoikuen/index.html

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*