始めて子供が生まれたママならきっと共感してくれるかも♪

板橋区の保育園に早生まれの子を入れるには?

板橋区に住んでいます。

結婚してしばらく子供ができなかったことから、同区内にマンションを購入しました。そして数年後、半ばあきらめていた子供ができたのですが、私の給与を見越してのマンション購入だったこともあり、出産後も職場復帰は大前提での出産でした。

都内、特に23区の待機児童問題は度々ニュースなどで取り上げられていたので知ってはいましたが、もっと都心の話だと思っていた節もあり、板橋区は大丈夫でしょ、と根拠のない自信を持っていました。

というのは、話題になるのは山の手地域の区が多く、あまり板橋区は話題になっていなかったので入りやすい区なのかと勝手に思っていました。

でも、よくよく考えてみれば、私が板橋区に住み始めてから5年以上が経ちますが、その間に大きな新築マンションがぼんぼん建っています。うちのマンションも同世代の人が多いですし子供もよく見かけますし、待機児童問題は身近にあってもまったく不思議ではない環境だということを考えたことがなかっただけだと気付きました。

私の根拠のない自信が打ち砕かれたのは、具体的に保育園について調べてすぐの段階です。

職場に妊娠を報告し、上司に「子供が1歳になるまで育休を取りたいと思う」と言ったところ、「保育園は入れるの?調べた方が良いよ。」と聞かれたことがきっかけで、具体的に調べることにしました。時期としては安定期に入ってすぐの頃で、9月の初めでした。

出産予定は3月の末です。

うちの会社は基本的に育休は1年ですが、保育園の入園時期などによっては1年半まで延長が可能です。そのため、私としては子供が生まれて1年後の4月に、新年度はじめから入園できるのでちょうどいいと思っていました。
でも、それはとてもとても甘い考えだったのです。

私の考えていたスケジュールだと、子供は満2歳児クラスから入園することになります。

でも、実際は満1歳以上のクラスはどこもほぼ空きはなく、夫婦フルタイムの共働きでも入れる見込みがとても少ないのです。

そのため、世のママさんたちは育休を1年間取らずに子供を0歳児クラスから入園させる人が多いとのこと、それを調べてみて初めて知りました。

基本的にクラスは持ちあがりなので、0歳児で一杯になってしまえば自ずと1歳児クラスも空き無しということになってしまい、都内の保育園ではこの状態がごくごく普通に見られる現状となっています。

でも、このシステムはうちのような早生まれの子供にはとても不利なのです。区によって多少の差があるようですが、板橋区の保育所は生後57日までは預かってくれないところがほとんどです。

満0歳児クラスは子供が生まれた年の4月2日から3月末日までなので、3月末に生まれたうちの子にとっては数日間しかありません。
当然生後57日未満なので預かってもらうことはできませんし、申し込みは前年の冬なので申込み締め切り時点でまだお腹の中にいます。

春~秋ぐらいに産まれた子は1歳になる前に0歳児クラスに預けることはできても、早生まれは物理的に0歳児クラスに入ることができないのです。

うちの近くの園の場合は0歳児クラスでも早い段階から一杯になってしまう所は多いですが、多数エントリーすればどこかしらは入れるという状況にありました。

でも、1歳クラスからの入園となるとほぼ絶望的です。

いてもたってもいられず、区役所に相談に行きましたが、認可園についてはこの絶望的な状況を説明されるだけで、あとは認証や無認可園を考えてみるのが現実的とアドバイスされました。

うちの近くの状況では、認証園も空きはほぼありませんが、こちらは待機があったとしても認可園と違い早くエントリーしている順に待機が解消されます。

教育方針や保育内容が園によってかなり色があるので好みの園に通わせられるメリットはありますが、如何せん保育料が高額です。いいなと思った徒歩圏内の園は保育料だけで月に8万円以上で、我が家には大きな痛手です。

でも、仕事を辞めるわけにはいかないですし、どこかに子供を預けなければいけないので、子供が生まれてすぐに気に入った認証園の待機待ちにエントリーしました。

半年ほどして空きが出たので生後半年からその園でお世話になり、私も育休半年で職場復帰しました。

認証や無認可園に預けていると認可園選定のポイントが加算されます。そのポイント稼ぎのために9月ごろから入所希望者が殺到するようですが、私は早めにエントリーしていたので夏の終わりというちょうどいい時期から入ることができました。

そして、秋に認可園の申し込みがあったのでもちろん申し込みしました。夫婦フルタイム、両実家遠方、現在認証園に通っている、と板橋区での保育園当落ラインといわれる内容ギリギリでの申し込みでしたが、なんとか入ることができました。
第一希望の園ではありませんでしたが入れただけでも御の字です。

始めは危機感がとても低い状況でしたが、心を入れ替えて早めに行動して良かったと思っています。

板橋区保育園に関する区の最新情報

http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_categories/index04004004.html

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*