始めて子供が生まれたママならきっと共感してくれるかも♪

練馬区の保育園に早生まれの子を入れるには?

私たち夫婦は結婚して練馬区の西武池袋線沿線に住んでいました。

夫婦2人とも都内勤務で仕事をしており、結婚した翌年に妊娠しましたが、産休・育休を経て職場復帰し、その後も夫婦共働きで子育てしていこうということになりました。

とはいえ、都内は全国有数の保育園激戦地域です。

何年か前から都内の待機児童問題は度々ニュースにもなっていて耳にしていたので入るのは厳しいかもと思ってはいましたが、心のどこかに「たぶん、大丈夫」という余裕もありました。

でも、安定期に入った秋口あたりから妊娠したことを周りに告げると「保育園大丈夫??」と言われることがとても多く、戸惑ってしまいました。

私の出産予定は2月です。そのため、私たち夫婦の考えでは丸々1年育児休暇を取って、翌年2月に復帰するか、もう2カ月弱育休を延期して翌年度となる4月から職場復帰のスケジュールを描いていました。

私の働いている会社でも育児休暇を取る人を何人か見たことがあり、皆子供が1歳になる年に仕事復帰していたのでそれが一般的なのだと思っていたので、なにも疑わずにそのスケジュールで行けると思っていました。

でも、実際は過酷なものでした。

実際に区役所で相談してみると、私たちの希望では満1歳児クラスの2月入所、または満2歳児クラスの4月入所ということになりますが、満1歳児と2歳児クラスはほぼ入れないとのことでした。

私が「子供が1歳になる頃に復帰するママさんが多いから自分もそうする」と考えたように、それがスタンダードだったので1歳児クラスはかなりの狭き門となる現実がありました。

そして、入所した人は余程の理由が無い限り転園することはないので、自ずと2歳児クラスが空くことも滅多になく、たとえ空いたとしても待機児童が山のように存在しているのでその枠はさらに狭き門となります。

そんな現実があるので、今は満0歳児クラスで入れる人がとても多いのだそうです。

といっても、うちの子は早生まれ、しかも誕生日は2月の半ばなので0歳児クラスに入れようと思ったら生後1カ月半の間に入るしかありません。

でも、練馬区の多くの保育所は生後100日からの預かりなので、そもそも預けることはできない月齢になります。

子供が100日を超える頃はすでに満1歳児クラスの5月ということになるので、生後100日ギリギリで預けるとしても超激戦の満1歳児クラスに申し込まなければなりません。

しかも、4月入所の申し込み期限は前の年の秋で、その頃にはまだ子供は生まれていないのでそもそも申し込み自体ができないことになります。

というわけで、早生まれの子は保育園入所にものすごく不利という現実を知り、どうすれば良いのだろうと本当に悲しくなりました。

区役所で勧められたのは、認証や無認可と呼ばれる認可ではない保育所に預けて認可園が空くのを待つという方法です。

満4歳児クラスになると幼稚園へ移る子が出てくるので認可園でも空きの枠は増えるので、選ばなければほぼ入れると言われました。

でも、家の近くの認証園を調べてみると保育料がとても高いのです。特に未満児クラスは高い料金設定となっていて、認可園の倍近く、私のお給料の手取りの半分以上です。

そうはいっても、子供を預ける所がなければ一度仕事を辞めなければならず、私は30代なので今仕事を手放したら同じレベルでの再就職ができるか不安なこともあり、背に腹は代えられないと思い始めました。

そんな時、会社の同僚から耳より情報をもらいました。

その人も練馬区民なのですが、その人の住む地域は割と保育園に入りやすいそうです。

というのは、その地域は大規模な集合住宅が立ち並ぶ地域なのですが、元々は1980年代に大規模団地として発展したところです。

今でも新たなマンションができているので若い世代も多く住む地域ではあるのですが、なにぶん広いのでその地域だけでも公立小学校がいくつも存在していて、初めの頃にできた団地のある地域は高齢化が進んでいるので保育園には余裕があると聞きました。

その頃住んでいたマンションは独身時代に夫が借りていたマンションで、1LDKと手狭だったので子供が生まれて落ち着いたら引っ越した方がいいかも、なんて話をしていたこともあり、この際だから認可園に余裕のある地域に引っ越そうということになりました。

これまでは西武池袋線でしたが、引っ越すと都営大江戸線になります。

夫婦ともに通勤には全く不便がなかったですし、これまでの産婦人科にも通える範囲だったことにも背中を押され、子供が生まれる前に引越しを完了しました。

そして、こどもが生まれた年の秋に満1歳児クラスでの申し込みをし、無事に翌年4月から保育園に入ることができました。

練馬区はここ数年で保育所の数も受け入れ人数もかなり増えていますが、それでも申し込み希望者も増えているため待機児童問題は今でも厳しい状況ですが、そんな中で入れたのは本当にラッキーだったとありがたく思っています。

練馬区保育園に関する区の最新情報

https://www.city.nerima.tokyo.jp/kurashi/shussan/hoiku/hoikuen/nyuuen/index.html

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*