始めて子供が生まれたママならきっと共感してくれるかも♪

時間経過とともに不調が増える

二十代後半です。
初めての出産からもうすぐ二年が経ちますが、
時間の経過とともに産後の不調が多くなりました。

一ヶ月の間に体調に不調を感じない日の方が正直、少なくなりました。
頭痛や吐き気、めまい、腰痛、肩こり、帝王切開の傷口の痛み等様々です。

産後すぐは、帝王切開だったために
傷口の痛みや毎日の授乳等で寝不足気味でした。

帝王切開の痛みは、産後三ヶ月くらいまで
お腹に力を入れたり
何かの拍子に傷口部分に触れてしまった時、
傷口部分の皮が伸びて引っ張られた時などに痛みました。

そして、産後三ヶ月後くらいからは、尿漏れが起こりました。
尿漏れは、妊婦さんや通常分娩の産後直後の方に起こるイメージだったので
帝王切開で出産した人や産後数ヵ月後にも起こりうる事なんだ?!と正直、驚きました。
尿漏れは、いわゆる膣トレと言うものを行っていいるうちに改善されました。

その後も寒い日や天気が悪くなる前などは、
帝王切開の傷口が傷みます。
傷口の見た目は、綺麗なので炎症などが原因ではなく
よくある「古傷が痛む」という原因のようです。

後は、生理再開後は、排卵痛が起こるようになり
お腹の痛みや不快感、頭痛、吐き気、めまい等
かなり酷い症状が現れる事が多くなり
生理の際の血液量も妊娠前より増えて多くなったので
かなり困っています。

生理初日や二日目は、出血量が多くて
タンポン等を使用して
少しの時間外出する事も不安になりました。

子供を抱っこする機会も多く、肩こりや腰痛にも悩まされています。
なるべく腰に負担がかからない様に抱っこしたり
抱っこする時間も少なくしていますが
子供が歩けなくなった時や抱っこをせがむ時には
たくさん抱っこしてあげたいので悩みどころです。

そして、産後は、疲れやすくなりました。
疲れがたまると口にヘルペスが出たり
ものもらいを発症しやすくなりました。
免疫力を高めたり、よく身体を休めるようにしていますが
家事、育児等のストレスは、なかなか手ごわいですね。

毎朝、免疫力を高めるためにヨーグルトを食べて、
夜は、栄養剤を飲みます。
特に疲れがひどい時には栄養ドリンクも飲み
毎日の健康管理を心がけています。

排卵痛や生理の際の不調が長く続くようだったら
一度、病院で診てもらう事も考えております。

子供の為にも健康的な母親で居たいと思います。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*