始めて子供が生まれたママならきっと共感してくれるかも♪

妊娠中、夫婦関係で一番困ったのは夫が鬱病になって頼れなかった事です。

そろそろ子供を…と考えた時に妊娠が発覚したので私も夫も喜びが溢れてとても幸せな気持ちになりました。

初めての病院は、自分一人で行きましたが
病院での妊娠判定の結果や初めてエコーを見せた時、とても喜んでくれましたし
これから2人で頑張って子供を育てていこうと言う気持ちでいっぱいでした。

しかし、つわりが始まり
掃除、買い物、洗濯、洗い物と夫への負担が増えていきました。
つわりもひと段落した頃、夫が鬱病になりました。

原因は、不明です。
元々、好きな職場で無かった事、職場の人間関係に問題があった事、
仕事をしながら家事もこなして…と言う生活が負担になっていた事も考えられますし
これから父親になると言うプレッシャーから病気になってしまった可能性もあります。

鬱病の夫を支えながら
初めての妊娠で自分の健康管理をするのが大変でした。
夫は、元々あまり心配してくれない人間でしたが
妊娠しても私の体をあまり心配してくれず、自分中心の生活でした。

地元の役場主催の父親母親教室などもありましたが
送迎はしてくれるものの
教室には一度も参加してくれませんでした。
授業の内容は、母体の変化、沐浴の練習、着替えの仕方、オムツ交換の仕方等で
初めての育児をスタートするにあたり必ず知っておいてほしいものばかりでした。
「気分じゃない」「人に会いたくない」と病気の影響なのか
育児に参加する気が無いのかかなり適当な対応をされました。

入院予定の病院での見学会の時も
周りの旦那さんは真剣に話を聞いて奥さんの身体を心配したりしていましたが
私の夫は、「早く終わらないかな」という態度が見え見えで「ゲームしたい」とか
陣痛の痛みの逃し方の説明なども笑って聞いている様な態度でまるで子供の様でした。

夫は、10歳以上年上で今まで頼れる存在でしたが
鬱病になってから人が変わったような気がします。
一番頼りたい時に頼れない存在でこのまま陣痛が来たらどうしよう、
鬱病の人間を家に一人で置いておくのは自殺等の心配があり一人にはしておけない状況で
産後、実家に帰省するのも無理かな…と不安な事ばかりでした。

妊娠、出産と不安だらけで一番支えてほしい時に
頼れない夫の存在が本当に困りました。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*