始めて子供が生まれたママならきっと共感してくれるかも♪

妊娠中は鼻が利きすぎて夫婦関係に溝!

私は妊娠中に様々な苦労をしました。つわりや頭痛も酷くて、体調が本当に悪かったです。中でも一番困って、夫婦生活に支障があったのが「臭い」でした。妊娠中って通常の何倍も臭いに敏感になるんです。そのせいで私はどこに行くにも臭いで気分を悪くしてしまって、困っていました。なぜ夫婦生活に支障があったのかと言うと、臭いを感じるのは何も部屋の中や特定の物の臭いだけではなかったからです。人の臭いも駄目でした。

妊娠中に電車に乗ったときにどこからともなく漂ってくる加齢臭には、辛いどころの騒ぎではなかったです。すぐに次の駅で電車を降りて母に助けを求めました。臭いの主が赤の他人だったのでまだ良かったのですが、夫の臭いばかりは避けられませんでした。夫からこれでもかというくらいにすごい臭いが漂ってくるのです。これが本当に辛かったです。他人の匂いは他人に近づかなければいい話です。しかし夫に「近づくな」とはどうしても言えませんでした。

結構な高齢出産だったので、夫もいい年でした。夫から元々加齢臭は漂っていました。その臭いは近くにいると若干臭いと感じることもありましたが、妊娠前はそれほどでもなかったのです。妊娠中はその夫の加齢臭が何倍にもなって私に襲い掛かってきました。これほど臭いがすると夫に近づくのも嫌になります。嫌悪感を感じるのです。このままこの臭いが続いたらどうしようかと不安になりました。

最初は黙っていたけど、私が夫をさりげなく避けていたので、夫も不穏を感じたのだと思います。私に直接「どうして最近避けてんの?」と聞いてきました。最初は避けていないと誤魔化していましたが、誤魔化しきれないと分かって私はやっと本当のことを話したのです。話してからはなんだか気分が楽になりました。ただ夫が近づいてくると気を抜いたからか思わず顔がこわばってしまって、夫を何度か傷つけてしまった気がします。目に見えてショックを受けた顔をしていたので、私も胸が痛みました。しかし夫が近づくと本当に気分が悪くなってしまうのでどうしようもなかったです。本当にこの時期は私たちは子供ができたら別れるんじゃないかと言う不安を感じていました。私たちの夫婦関係は「臭い」のせいで、どんどん溝が出来てしまったのです。

出産後はあれだけ酷かった夫の匂いがほぼしなくなりました。本当にあの時期だけだったのはほっとしました。妊娠中はどうも鼻が敏感になるようです。私のように特にすごく敏感になる人もいるので、これが夫婦関係に影響を及ぼすことがあります。ただ何も言わないで我慢してしまうと自分の負担になってしまって、妊婦の体に良くありません。きちんと夫と話して妊娠中はそうなるものだということを分かってもらうことが大事です。臭いには結構困るので気を付けましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*